width=10
ことば探し
★私の決断は、私によい結果をもたらします★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
2017年10日18日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年10日17日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2017年10日16日
光に向かって123のこころのタネ
2017年10日6日
泣きなされ笑いなされ舞いなされ
2017年10日5日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2017年10日4日
ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
2017年10日3日
もっと気楽に生きるコツ
2017年10日2日
自分を信じてゆっくり進め!
2017年9日27日
世間のウソ
2017年9日26日
脳からストレスを消す技術
2017年9日25日
伝えるための3つの習慣
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
2017年9日21日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2017年9日20日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年9日19日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2017年9日15日
ずっとやりたかったことをやりなさい
2017年9日11日
自分を変える!脳内会話
2017年9日8日
生きる不安への「答え」
2017年9日6日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年9日5日
脳が喜ぶ生き方
2017年9日4日
人生がときめく片づけの魔法
2017年9日1日
一度なら許してしまう女 一度でも許せない男
2017年8日31日
1分間思考改革術
2017年8日30日
人間関係に活かす 使うための心理学
2017年8日29日
大人の生き方 大人の死に方
2017年8日28日
考え方と生き方を変える10の法則
2017年8日25日
こころの温度計
2017年8日24日
お金とモノから解放されるイギリスの知恵
 
1 2 3 4 
 
2017年8月4日
タイトル 人をいかに愛し、生きるか
著者 ロバート・シュラー
出版社 三笠書房
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

とても大好きな本です。
いつ読み返しても、新鮮な気持ちになりとても癒されます。

「一粒の種から無数のリンゴがみのる」
「自分が失ったものでなく、自分が残してきたものに目を向けよう」
「苦しみなしには何も得られない」
「安易な生活を脱するには勇気がいる」
「受け取るためには、与えることが必要」

などなど、本当にいいことばがたくさん載っています。
ぜひ、読んでみてください。おすすめです。

この本からの大好きなことばは「今日のことば」↓をみてくださいね。

この本からのことば 感想 掲載日
私たちはとかく自慢をし、 自分にとって良いニュースでも、 他の人にとっては悪いニュースになることがあ 人の自慢話を聞くのは不愉快だ。 でも、時々自分もしている…あぁ。 でも、時々は許してもらおう… 時に 2004-03-18
自分の気持ちは自分で表現しよう。 自分の気持ちを表現できるのは 自分だけなのだから、それは当然だ。 しかし、時々、他人の口を通して表 2003-10-31
自分が失ったものでなく、自分が残してきたものに目を向けよう。 そうだな、残したきたものもたくさんあるはずだ。残してきたものを積み重ねれば、結構なものになるはずだ。 2003-01-19
目には愛を語る能力がある。 口で語ることばかりに重きを置いていて、目で語ることを忘れている。目をそらすことも多い…いろいろな意味 2002-10-23
たとえ不完全でも、何かをする方が、完全に何もしないよりは、はるかにましだ。 完全に出来ないなら、やっても無駄と、つい思いがちだが、完全にやることより、まずはやってみることの方が 2002-04-08
「事態はよい方へ向いている」とたえず想像すること。事態は変化している。もし、よい方に向かっていると想 今、足りない気持ちはこういう気持ちかもしれない。日本中が不安の中にいて、だいたいが悪い方向に向かって 2002-02-18
「責めている暇に、出発することだ」 仕事で「ばかな…!」と思うようなことに出会う。呆れてしまうことがよくある…よくこんな人が仕事をしてい 2002-02-17
真実を語ったために、相手を傷つけるということがある。正直なら何でも価値があるというわけではなく、真実 真実は…痛い。人に指摘はされたくない…しかし、痛いが、指摘されてよかったと思う場合もある。逆に言わね 2002-01-04



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』