width=10
ことば探し
★わが家はいつも快適で、あたたかいところです★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
2017年11日22日
幸運のつくり方
2017年11日21日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2017年11日17日
話を聴く力が人生を変える
2017年11日16日
モンダイは君のその喋り方と態度だ!
2017年11日15日
「わかる」とはどういうことか
2017年11日14日
そっとあなたの“欠点”を直してくれる本
2017年11日13日
人生の意味
2017年11日8日
キレないための上手な怒り方
2017年11日7日
脳には、自分を変える「6つの力」がある
2017年11日6日
人に振りまわされずに生きる13の法則
2017年11日2日
はい、息を吐いて。それからゆっくり考えよう
2017年11日1日
脳はなにかと言い訳する
2017年10日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2017年10日30日
あなたの周りの困った人の攻略法
2017年10日24日
チャンスの扉
2017年10日23日
プロの聞く技術が身につく本
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
 
1 2 3 4 
 
2017年8月4日
タイトル 人をいかに愛し、生きるか
著者 ロバート・シュラー
出版社 三笠書房
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

とても大好きな本です。
いつ読み返しても、新鮮な気持ちになりとても癒されます。

「一粒の種から無数のリンゴがみのる」
「自分が失ったものでなく、自分が残してきたものに目を向けよう」
「苦しみなしには何も得られない」
「安易な生活を脱するには勇気がいる」
「受け取るためには、与えることが必要」

などなど、本当にいいことばがたくさん載っています。
ぜひ、読んでみてください。おすすめです。

この本からの大好きなことばは「今日のことば」↓をみてくださいね。

この本からのことば 感想 掲載日
私たちはとかく自慢をし、 自分にとって良いニュースでも、 他の人にとっては悪いニュースになることがあ 人の自慢話を聞くのは不愉快だ。 でも、時々自分もしている…あぁ。 でも、時々は許してもらおう… 時に 2004-03-18
自分の気持ちは自分で表現しよう。 自分の気持ちを表現できるのは 自分だけなのだから、それは当然だ。 しかし、時々、他人の口を通して表 2003-10-31
自分が失ったものでなく、自分が残してきたものに目を向けよう。 そうだな、残したきたものもたくさんあるはずだ。残してきたものを積み重ねれば、結構なものになるはずだ。 2003-01-19
目には愛を語る能力がある。 口で語ることばかりに重きを置いていて、目で語ることを忘れている。目をそらすことも多い…いろいろな意味 2002-10-23
たとえ不完全でも、何かをする方が、完全に何もしないよりは、はるかにましだ。 完全に出来ないなら、やっても無駄と、つい思いがちだが、完全にやることより、まずはやってみることの方が 2002-04-08
「事態はよい方へ向いている」とたえず想像すること。事態は変化している。もし、よい方に向かっていると想 今、足りない気持ちはこういう気持ちかもしれない。日本中が不安の中にいて、だいたいが悪い方向に向かって 2002-02-18
「責めている暇に、出発することだ」 仕事で「ばかな…!」と思うようなことに出会う。呆れてしまうことがよくある…よくこんな人が仕事をしてい 2002-02-17
真実を語ったために、相手を傷つけるということがある。正直なら何でも価値があるというわけではなく、真実 真実は…痛い。人に指摘はされたくない…しかし、痛いが、指摘されてよかったと思う場合もある。逆に言わね 2002-01-04



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』