width=10
ことば探し
★私には、勇気があり、必要なことは恐れずやります★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年2日23日
過去にくよくよこだわるな
2018年2日22日
大金持ちになる人の考え方
2018年2日21日
自分のちからに気づくスピリチュアル・ブック
2018年2日19日
「1日30分」を続けなさい!
2018年2日16日
話し方! こう変えればうまくいく パワートーク36の技術
2018年2日15日
15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
2018年2日14日
あなたが与えたものが、あなたが受けとるもの
2018年2日13日
自分の時価を高め、成功を呼ぶ50の方法
2018年2日9日
とことん悩む人が強い理由
2018年2日8日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2018年2日5日
女房に言っていい言葉いけない言葉
2018年2日2日
友だち100人できません
2018年2日1日
なぜ「いい人」は心を病むのか    
2018年1日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年1日30日
夢をかなえる勉強法
2018年1日26日
こころの健康学
2018年1日25日
潰れない生き方
2018年1日24日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2018年1日23日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
 
1 2 3 4 
 
2017年8月3日
タイトル 心のなかの幸福のバケツ
著者 ドナルド・O・クリフトン , トム・ラス
出版社 日本経済新聞社
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

ベストセラー「さあ、才能に目覚めよう」に書いた著者と、
その孫が共著で書いた、ポジティブシンキングの本。

この本には「バケツとひしゃく理論」が、書いてあります。
どういう理論かというと、

「人は誰でも心にバケツをもっている。他人に何かを言われたり、
 されたりするたびに、このバケツの水は増えたり減ったりする。
 バケツの水がいっぱいのときは、気分がいい。
 バケツが空になったとき、気分は最悪だ。

 バケツのほかに、ひしゃくももっている。
 ひしゃくを使って誰かのバケツに水を注げば…
 相手が明るくなるようなことを言ったりしたりすれば、自分の
 バケツにも水がたまる。
 逆に、ひしゃくで相手のバケツの水をくみ出せば…
 相手を傷つけるようなことを言ったりしたりすれば、
 自分のバケツの水も減る。
 
 なみなみと注がれたカップとおなじように、心のバケツに
 水がいっぱい入っているとき、人は前向きで意欲に
 あふれている。
 バケツに水が一滴、注がれるたびに、
 人は強くなり楽観的になる。
 逆にバケツが空のときは、後ろ向きで元気がなく、
 意欲も低下している。
 バケツの水をくみ出されるたびに、人は傷つく。」


この本を読んで、
日常生活のなかで心のバケツに水があふれるようにしようと、
その方法や考え方を教えてくれます。

理論と調査に裏付けされて書かれている本ですが、
書いてある内容は、とてもシンプルで、わかりやすいです。
短めにまとまっているので、本を読むのが苦手な方にも
読みやすく、おすすめです。

この本からのことば 感想 掲載日
人は誰でも心にバケツをもっている。 他人に何かを言われたり、されたりするたびに、 このバケツの水は増 この本では、これを 「バケツとひしゃく理論」と言っています。 そして、さらに、 「なみなみと注がれ 2015-04-23
相手は何をしてほしいと思っているか? 1.どんな呼び方で呼ばれたいだろうか? 2.「いちばん関心 親しければ親しいほど、近くにいればいるほど、 相手のことを「よく知っている、誰よりわかっている」など 2014-10-16
年を重ねるにつれ、大きな試練に 直面する可能性は高くなる。 そんなとき、 「自分はなんてついてない 困難に陥ったとき… ついつい、落ち込んだり、 ジタバタとしがちだけれど、 落ち込んでも、ジタバタして 2005-12-07



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』