width=10
ことば探し
★私は、とても丁寧に仕事をすることが出来、感謝されています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
2017年10日18日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年10日17日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2017年10日16日
光に向かって123のこころのタネ
2017年10日6日
泣きなされ笑いなされ舞いなされ
2017年10日5日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2017年10日4日
ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
2017年10日3日
もっと気楽に生きるコツ
2017年10日2日
自分を信じてゆっくり進め!
2017年9日27日
世間のウソ
2017年9日26日
脳からストレスを消す技術
2017年9日25日
伝えるための3つの習慣
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
2017年9日21日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2017年9日20日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年9日19日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2017年9日15日
ずっとやりたかったことをやりなさい
2017年9日11日
自分を変える!脳内会話
2017年9日8日
生きる不安への「答え」
2017年9日6日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年9日5日
脳が喜ぶ生き方
2017年9日4日
人生がときめく片づけの魔法
2017年9日1日
一度なら許してしまう女 一度でも許せない男
2017年8日31日
1分間思考改革術
2017年8日30日
人間関係に活かす 使うための心理学
2017年8日29日
大人の生き方 大人の死に方
2017年8日28日
考え方と生き方を変える10の法則
2017年8日25日
こころの温度計
2017年8日24日
お金とモノから解放されるイギリスの知恵
 
1 2 3 4 
 
2017年8月3日
タイトル 心のなかの幸福のバケツ
著者 ドナルド・O・クリフトン , トム・ラス
出版社 日本経済新聞社
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

ベストセラー「さあ、才能に目覚めよう」に書いた著者と、
その孫が共著で書いた、ポジティブシンキングの本。

この本には「バケツとひしゃく理論」が、書いてあります。
どういう理論かというと、

「人は誰でも心にバケツをもっている。他人に何かを言われたり、
 されたりするたびに、このバケツの水は増えたり減ったりする。
 バケツの水がいっぱいのときは、気分がいい。
 バケツが空になったとき、気分は最悪だ。

 バケツのほかに、ひしゃくももっている。
 ひしゃくを使って誰かのバケツに水を注げば…
 相手が明るくなるようなことを言ったりしたりすれば、自分の
 バケツにも水がたまる。
 逆に、ひしゃくで相手のバケツの水をくみ出せば…
 相手を傷つけるようなことを言ったりしたりすれば、
 自分のバケツの水も減る。
 
 なみなみと注がれたカップとおなじように、心のバケツに
 水がいっぱい入っているとき、人は前向きで意欲に
 あふれている。
 バケツに水が一滴、注がれるたびに、
 人は強くなり楽観的になる。
 逆にバケツが空のときは、後ろ向きで元気がなく、
 意欲も低下している。
 バケツの水をくみ出されるたびに、人は傷つく。」


この本を読んで、
日常生活のなかで心のバケツに水があふれるようにしようと、
その方法や考え方を教えてくれます。

理論と調査に裏付けされて書かれている本ですが、
書いてある内容は、とてもシンプルで、わかりやすいです。
短めにまとまっているので、本を読むのが苦手な方にも
読みやすく、おすすめです。

この本からのことば 感想 掲載日
人は誰でも心にバケツをもっている。 他人に何かを言われたり、されたりするたびに、 このバケツの水は増 この本では、これを 「バケツとひしゃく理論」と言っています。 そして、さらに、 「なみなみと注がれ 2015-04-23
相手は何をしてほしいと思っているか? 1.どんな呼び方で呼ばれたいだろうか? 2.「いちばん関心 親しければ親しいほど、近くにいればいるほど、 相手のことを「よく知っている、誰よりわかっている」など 2014-10-16
年を重ねるにつれ、大きな試練に 直面する可能性は高くなる。 そんなとき、 「自分はなんてついてない 困難に陥ったとき… ついつい、落ち込んだり、 ジタバタとしがちだけれど、 落ち込んでも、ジタバタして 2005-12-07



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』