width=10
ことば探し
★私のやることは、すべてうまく進みます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年8日21日
“問題行動の意味”にこだわるより“解決志向”で行こう
2017年8日10日
笑いの治癒力
2017年8日9日
『立場』『比喩』『具体』これだけでOK!人生を変える「伝える」技術 3つのカギ
2017年8日8日
伝えるための3つの習慣
2017年8日7日
だから優しく、と空が言う
2017年8日4日
人をいかに愛し、生きるか
2017年8日3日
心のなかの幸福のバケツ
2017年8日2日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2017年8日1日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年7日31日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年7日25日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年7日24日
「心配性」と上手につきあう方法
2017年7日21日
ストレス&プチうつ解消レシピ
2017年7日19日
今日が、その日だ!
2017年7日18日
幸福のボタンをかけ直す60分レッスン
2017年7日14日
脳からストレスを消す技術
2017年7日13日
アドラー珠玉の教え 自分の人生を最高に生きる77のヒント
2017年7日12日
時間とお金をムダにしないで成功する方法
2017年7日11日
「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術
2017年7日10日
勇気がわいてくる子育て70の言葉
2017年7日6日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2017年7日5日
変な人が書いた成功法則
2017年7日4日
人生は好転できる
2017年7日3日
だからすれ違う、女心と男脳
2017年6日30日
時間上手の暮らし方
2017年6日29日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年6日28日
機長の「集中術」
2017年6日27日
いつでも、逆に考えるとうまくいく。
2017年6日26日
ありがとう 生きること そのすばらしさ
2017年6日23日
神の業は現われる
 
1 2 3 4 
 
2017年7月31日
タイトル 人生の「お荷物」を捨てる方法
著者 ひろ さちや
出版社 青春出版社 (2007/11/1)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

宗教思想家の著者が、生きるために「重荷となっているもの」を
どうしたら捨てることができるか、その方法、考え方などを
宗教的観点、深い見方から教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「物差しってありますよね。私たち人間が持っている「世の中の
 物差し」って、実はゴム紐でできているんです。
 たとえば、誰かともめた時、
 「あの人が悪い。私もちょっとだけ悪いけど、あの人ほどじゃ
  ない」というふうに、見方によって伸び縮みするんです。
 他人には厳しく、自分に甘くなったりね。
 それに対して、宗教の物差しは、しっかり目盛りがあって、
 正確にものを測るというような物差しじゃないんです。
 いわば目盛りのない物差し。測らない物差しです。
 だから、明るい性格と暗い性格とどっちがいいか、なんて測り
 ません。どっちだっていいんです。
 苦しみながら生きるのと、安楽に生きるのと、どっちがいいも
 ない。どっちだっていいんですよ」
人間は、この物差し、しかも自分が持っている物差しにとても
左右されているとか。


例えば、こんなことが書かれています。
 ○世の中の役に立たなくていい
  ・病気のままでも健康に生きる
  ・「そのまんま」という生き方を知る
  ・人生の旅にゴールはない
 ○生きたいように生きればいい
  ・もう一度、家族の時間を取り戻す
  ・「希望の先取り」が不幸を招く
  ・不登校、引きこもり子の感性
  ・先々のことなんて心配しなくていい
 ○すべて「自分の都合」でいい
  ・お金は「自分の事情」で勝手にやろう
  ・本気で働かなくてもいい


なるほどそう考えれば、そういう見方もできるのか、そういう
生き方もありか…と宗教の持つ深い意味を感じられる本です。
好きずきある本だと思います。
今、がんばっている方にはおすすめしません。
ややお疲れモードに入っている中年以降の方におすすめです。

この本からのことば 感想 掲載日
今の日本は企業の目で人を選別して、 「この人は役に立つ」「この人は役に立たない」 などと、まるで商品 こんなふうに、人を選別していることや、 商品化していることは、多い。 それも、無意識に、瞬時に… ま 2009-11-09



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』