width=10
ことば探し
★私の未来はどんどん開けていく★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
2017年10日18日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年10日17日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2017年10日16日
光に向かって123のこころのタネ
2017年10日6日
泣きなされ笑いなされ舞いなされ
2017年10日5日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2017年10日4日
ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
2017年10日3日
もっと気楽に生きるコツ
2017年10日2日
自分を信じてゆっくり進め!
2017年9日27日
世間のウソ
2017年9日26日
脳からストレスを消す技術
2017年9日25日
伝えるための3つの習慣
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
2017年9日21日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2017年9日20日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年9日19日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2017年9日15日
ずっとやりたかったことをやりなさい
2017年9日11日
自分を変える!脳内会話
2017年9日8日
生きる不安への「答え」
2017年9日6日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年9日5日
脳が喜ぶ生き方
2017年9日4日
人生がときめく片づけの魔法
2017年9日1日
一度なら許してしまう女 一度でも許せない男
2017年8日31日
1分間思考改革術
2017年8日30日
人間関係に活かす 使うための心理学
2017年8日29日
大人の生き方 大人の死に方
2017年8日28日
考え方と生き方を変える10の法則
2017年8日25日
こころの温度計
2017年8日24日
お金とモノから解放されるイギリスの知恵
 
1 2 3 4 
 
2017年7月19日
タイトル 今日が、その日だ!
著者 大原 敬子
出版社 青春出版社
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

「大原敬子の遊育会」代表で、新しい幼児教育、女性教育の実践に
あたっている著者が、女性に向けて「人生あきらめないで夢をもと
う、そして、今日という日を悔いなく生きよう」と、力強く生きて
いくことを後押ししてくれる本。
ラジオ番組の「人生相談」もしているので、話の内容がとても具体
的で、身近なものが多いです。

著者はこう教えてくれます。
「人は決して一人では生きられないのです。
 人生の道のりにおいて誰もが経験する苦しみも悲しみも、耐えら
 れないと思える辛いことも、必ず乗り越えられる力を持っていま
 す。そうした力を自分にも与えられていることに感謝することで、
 今よりももっと他人にも思いやる心が持てるのです。
 人はこうしたお互いに持っている力によって励まされたり、慰め
 たり、愛されたり、愛したりしながら今を生きているのです」


この本には、例えばこんなことが書いてあります。
1.見えなかった「ホント」に気づく日
  ・あなたは生きていますか?
  ・「私は正しい」という人の不幸
  ・とことん信じることができたら
2.あなたの今日に価値がある
  ・「私は今まで何をしてきたのだろう」
  ・痩せても幸せにならないその理由
  ・一途に生きる強さの本質
  ・「通じない心」の原因を知る
3.小さなことで明日を変えよう
  ・後悔したくなければ時を待て
  ・今すぐできることで必ず幸せになれる
  ・報告を忘れる人の大損


少し、厳しいことも書かれていますが、読むとすっきりとする本だ
と思います。じっくりと読んでみると、必ず発見がある本なので、
女性の方に読んでみることをおすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
毎日の生活は本当に平凡です。 あまりにも変化のない毎日が続くと、 これで本当にいいのだろうかと、誰で 大原さんは、 「私たちの世界は目で見えるものばかりです。  そこで私たちは形に執着してしまいますが、 2015-01-08
「俺の苦しさはおまえにはわからないよ。  おまえはいいな、気楽で」といった夫に妻が 「私はあなたのよ 自分がこう言ったら、相手にはこう返してほしい、 ということばがある。 そして、それを知らず知らずに相 2008-02-23
目的が大きいほど実は 小さな努力のくり返しが大事なのです。 幸せをつかむのも、不幸せになるのも、 積み重ねが大事、小さな努力が大事、 こういう気持ちを持って、 やることが大切だなぁ…と思う。 大き 2006-09-12
不規則に、刹那的に、そして手抜きする生き方は、 そのときには楽であっても、 それは砂上の楼閣に過ぎ 何だか、ちょっと「痛い」ことばである。 「痛い」ことばは、自分にとって、 なにがしかの真実をついてい 2006-09-01
古い蛇口であっても、毎日磨くことで、 その光りは新品の蛇口の光りとはまったく 違う輝きを放つのです。 自分磨き… やらねばなぁ…と思う。 この頃、読む本も仕事も生活も、 マンネリ化している… これは、 2006-08-23



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』