width=10
ことば探し
★私は、善悪を見極められる人間であり、良心を大切にします★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
2017年12日20日
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
2017年12日19日
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
2017年12日18日
失敗は、顔だけで十分です。
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
 
1 2 3 4 
 
2017年7月5日
タイトル 変な人が書いた成功法則
著者 斎藤 一人
出版社 講談社
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

斎藤一人さんについては、書くまでもありませんが、
2003年全国高額納税者番付(総合部門)第1位になった方で
「銀座まるかん」の創業者です。

斎藤さんは、中学卒業後、裸一貫から
「日本一のお金持ち」
になったのですが、
その斎藤さんの明るくて、ユニークな成功術がたっぷりと
書かれている本
です。

例えば、こんな内容です。
●成功に方法論はない
●旅先で見た犬のクソは忘れなさい
●ゴキブリに生まれなかったのはなぜ?
●人格者が成功するはウソ
●仕事が簡単でなぜ悪い!
●節税は一文の得にもならない
●儲からない会社の3つの無駄
●イソギンチャクはマグロになれる
●目標は決して口に出さない


この話の中に、
今までにはない成功法則がたくさん詰まっています。

といっても、むずかしい成功法則の本ではなく、
とてもわかりやすく書いてあります。
しかし、読んでいると、なるほど、すごいな…と思ってきます。
読むととても元気になりますし、仕事のやる気も出てきます。
気楽に、読んでみることをおすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
心の伴わない方法論は通用しません。 学歴など関係なく、やった人を素直に評価する。 自分の能力を評価し 今日の一人さんのこの言葉、考え方に違和感を感じられる方も おられると思いますが、「こんな社長の下で働 2012-09-07
「不況で嫌になっちゃうよ」ではなく、 「不況が来たときのために自分がいる。  いよいよ自分の出番が来 不況だから、自分の腕、知恵が試せる、だから、 「よっしゃ、ここが出番!このときのために自分がいるんだ 2012-04-26
長い人生の中には、 無から始めたほうがいい場合が何度かあります。 昔のことを引きずって、アーダ、コ 「気休め」でもいい…言って欲しい時がある。 「気休め」でも、十分いいのだ。 「大丈夫!」とか、 「う 2003-11-28
ミカンは果物です。 デザートに向いてますが、主食にはなりません。 そんなミカンに「おまえは主食になれ そのままの姿で完璧… いろいろ欠点があっても、 どっかゆがんでるように思えても、 どこかが違っていて 2003-09-05



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』