width=10
ことば探し
★私は、男性(女性)にモテます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
2017年11日22日
幸運のつくり方
2017年11日21日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2017年11日17日
話を聴く力が人生を変える
2017年11日16日
モンダイは君のその喋り方と態度だ!
2017年11日15日
「わかる」とはどういうことか
2017年11日14日
そっとあなたの“欠点”を直してくれる本
2017年11日13日
人生の意味
2017年11日8日
キレないための上手な怒り方
2017年11日7日
脳には、自分を変える「6つの力」がある
2017年11日6日
人に振りまわされずに生きる13の法則
2017年11日2日
はい、息を吐いて。それからゆっくり考えよう
2017年11日1日
脳はなにかと言い訳する
2017年10日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2017年10日30日
あなたの周りの困った人の攻略法
2017年10日24日
チャンスの扉
2017年10日23日
プロの聞く技術が身につく本
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
 
1 2 3 4 
 
2017年6月14日
タイトル 「できる人になる」成功の秘訣
著者 ユルゲン ヘラー
出版社 主婦の友社 (2001/12/20)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

自己啓発書は、圧倒的にアメリカの本が多いのですが、この本は、
ドイツ発です。ヨーロッパでもっとも人気があり、モチベーション
の帝王と呼ばれているコンサルタントの著者が、以下のことを教え
てくれます。

 ◎活力にあふれた人間、物事に感激できる人間、そして力強い人
  間になるにはどうすればいいか?
 ◎成功するだけでなく幸せにもなるには、どうすればいいか?
  これは現時点でいちばん重要と思われる。
 ◎自分の希望どおりの人生を送るには、どうすればいいか?
 ◎収入をどんどん増やすには、どうすればいいか?

 
著者は、こう言っています。
「あなたが今までどんな人生を送ってきたか、そして現在どんな生
 活を送っているかは、重要ではない。
 大事なのは、今から踏み出す道の方だ。なぜなら、あなたが今ま
 でにどんな成功や失敗をしたかは、まったくどうでもいいことだ
 からだ。
 肝心なのは、あなたが今後どうなるかなのである。」


それほど新しいことは書かれていないのですが、事例の用い方や、
ポイントがかなりしっかりしていて、かなり説得力がある本だと思
います。
自己啓発書を多く読んでいる方にもおすすめの一冊です。

この本からのことば 感想 掲載日
たいていの人は、 自分が短期間で到達できることを過大評価し、 長期間で達成できることを過小評価する。 今どきは、じっくりと時間をかけて何かに取り組んだり、 長期の目標をもってそれに向かっていくことが過小 2007-10-25
私たちの頭は、 今までの経験(つまり、今までに蓄積した全て事柄)に マッチしている考え方を「正しい」 経験していることは、なんとなく安心できる。 わかっている、と思えるし、予測もつくからだ。 しかし、よ 2007-06-22
どんな大きな保証をしても、 人は不安を感じるのである。 なぜなら、何をやっても、 絶対にこれで十分と 何かをしようと決心しても、あれこれと考え始めると、 本当に大丈夫だろうか…とか、 どうせやってもダメ 2007-03-27
あなたが今までどんな人生を送ってきたか、そして、 現在どんな生活を送っているかは、重要ではない。 今の自分は、過去にまいてきた種が よくも悪くも、育ってきたものだと言われる。 仮にそうだとすると、 2007-03-23



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』