width=10
ことば探し
★私は、とても丁寧に仕事をすることが出来、感謝されています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年4日26日
「ちゃんと評価される人」がやっている仕事のコツ
2018年4日24日
今日を始める160の名言
2018年4日23日
たった今から、ハッピーになる!
2018年4日20日
脳と気持ちの整理術
2018年4日19日
その他大勢から抜け出す成功法則
2018年4日18日
いい仕事をする人は、「いい言葉」を選ぶ: 「話し上手」「伝え上手」が大事にしていること
2018年4日13日
モノのために家賃を払うな!~
2018年4日12日
ツキを呼ぶ「トイレ掃除」
2018年4日10日
100%人生が変わる1%のひらめき
2018年4日9日
プロフェッショナル・ネゴシエーターの頭の中
2018年4日6日
伝え方が9割
2018年4日5日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2018年4日4日
今の自分が本当のあなたです
2018年4日3日
誰からも好かれようとする女たち
2018年4日2日
夢をかなえる一番よい方法
2018年3日30日
100万人が癒された愛と結婚のカタチ
2018年3日29日
いい言葉は、いい人生をつくる
2018年3日28日
それでもなお、人を愛しなさい
2018年3日22日
愛のストローク療法(セラピー)
2018年3日20日
これだっ!という「自分の目標」を見つける本
2018年3日19日
マインド・パワー
2018年3日16日
才能を伸ばす4つの「アホ」力
2018年3日14日
自信サプリ
2018年3日13日
「聞く力」を200%活かしなさい
2018年3日12日
自分の人生、生きてますか
2018年3日9日
できる人の人生のルール
2018年3日8日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年3日7日
言いにくいことをうまく伝える会話術
2018年3日6日
「ちょっとした言い方」が上手い人下手な人
2018年3日5日
脳を活かす勉強法
 
1 2 3 4 
 
2017年6月14日
タイトル 「できる人になる」成功の秘訣
著者 ユルゲン ヘラー
出版社 主婦の友社 (2001/12/20)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

自己啓発書は、圧倒的にアメリカの本が多いのですが、この本は、
ドイツ発です。ヨーロッパでもっとも人気があり、モチベーション
の帝王と呼ばれているコンサルタントの著者が、以下のことを教え
てくれます。

 ◎活力にあふれた人間、物事に感激できる人間、そして力強い人
  間になるにはどうすればいいか?
 ◎成功するだけでなく幸せにもなるには、どうすればいいか?
  これは現時点でいちばん重要と思われる。
 ◎自分の希望どおりの人生を送るには、どうすればいいか?
 ◎収入をどんどん増やすには、どうすればいいか?

 
著者は、こう言っています。
「あなたが今までどんな人生を送ってきたか、そして現在どんな生
 活を送っているかは、重要ではない。
 大事なのは、今から踏み出す道の方だ。なぜなら、あなたが今ま
 でにどんな成功や失敗をしたかは、まったくどうでもいいことだ
 からだ。
 肝心なのは、あなたが今後どうなるかなのである。」


それほど新しいことは書かれていないのですが、事例の用い方や、
ポイントがかなりしっかりしていて、かなり説得力がある本だと思
います。
自己啓発書を多く読んでいる方にもおすすめの一冊です。

この本からのことば 感想 掲載日
たいていの人は、 自分が短期間で到達できることを過大評価し、 長期間で達成できることを過小評価する。 今どきは、じっくりと時間をかけて何かに取り組んだり、 長期の目標をもってそれに向かっていくことが過小 2007-10-25
私たちの頭は、 今までの経験(つまり、今までに蓄積した全て事柄)に マッチしている考え方を「正しい」 経験していることは、なんとなく安心できる。 わかっている、と思えるし、予測もつくからだ。 しかし、よ 2007-06-22
どんな大きな保証をしても、 人は不安を感じるのである。 なぜなら、何をやっても、 絶対にこれで十分と 何かをしようと決心しても、あれこれと考え始めると、 本当に大丈夫だろうか…とか、 どうせやってもダメ 2007-03-27
あなたが今までどんな人生を送ってきたか、そして、 現在どんな生活を送っているかは、重要ではない。 今の自分は、過去にまいてきた種が よくも悪くも、育ってきたものだと言われる。 仮にそうだとすると、 2007-03-23




『おすすめ本の紹介』