width=10
ことば探し
★私は、生まれながらにして愛されるべき人間です★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年6日22日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年6日21日
ネイティブ・アメリカンのこころがよろこぶことば
2018年6日20日
潰れない生き方
2018年6日18日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2018年6日15日
こころがホッとする考え方
2018年6日14日
奥様が 笑う家には 福来たる〜
2018年6日7日
お坊さんが教えるこころが整う掃除の本
2018年6日6日
「逃げ出したい!」自分を救う本
2018年6日5日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年6日4日
幸福に死ぬための哲学
2018年6日1日
ヒルティ 老いの幸福術
2018年5日31日
うまくいっている人の考え方
2018年5日29日
迷ったときこそ、続けなさい!
2018年5日28日
小さなチームは組織を変える
2018年5日25日
時間上手の暮らし方
2018年5日24日
ほっとする禅語70
2018年5日23日
自信サプリ
2018年5日22日
がんばらない、がんばらない
2018年5日21日
人はなぜウソをつくのか?
2018年5日17日
自分を動かす言葉
2018年5日16日
その上司、大迷惑です。 困った上司とかしこく付き合う傾向と対策
2018年5日15日
できる人の人生のルール
2018年5日14日
ハッピーエンド・コンプレックス
2018年5日11日
人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる
2018年5日10日
あなたの人生で本当に大切にするべき27のこと
2018年5日8日
夫よ!あなたがいちばんストレスです
2018年5日7日
叱り方・ほめ方・教え方100の鉄則
2018年5日2日
頭のそうじ 心のそうじ
2018年5日1日
回復力~失敗からの復活
2018年4日27日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
 
1 2 3 4 
 
2017年3月2日
タイトル あなたに喜んでもらえるように
著者 佐藤 初女
出版社 海竜社 (2010/10)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

青森県弘前市で、憩いと安らぎの家「森のイスキア」を主催して
いた佐藤さんが、幅広く愛について教えてくれる本。

「お見送りするとき、私は折りにふれ、
 「とにかく、まずは動いてください。それも自分のためでは
 なく、誰かのために、人さまのお役に立てるように動いて
 くださいね」と、すすめています。
 誰かのために何かをしたとき、その人が喜んでくれれば、
 その喜びは必ず自分の喜びになり、生きる力になるからです。
 同じ言葉をかけていますが、素直に受け取ってくれる人と、
 そうでない人がいるようです。残念なことに「自分にはでき
 ない」とか「しんどい」とか言って、やってもみない人が
 います。でも、どれだけしんどくても、それをやれば喜びに
 なるのです。
 何も大きなことをする必要はありません。
 自分の身近にいる人のために、その人が喜んでくれそうな
 ことを一つやってみるといいと思います。そうすれば、必ず
 自分の中に生きる力がわいてくるのが感じられるはずです」


例えば、こんなことが書かれています。
 ◎私は自分のできることから、一歩を踏み出しました
 ◎人との関係で大切なのは「母の心」です
 ◎「お手伝いします」のひとことで、道は大きく開かれました
 ◎だれにでもできる一線を越えてこそ、相手の魂に響きます
 ◎何をするにも、自然に逆らわないようにやってます
 ◎苦しいときは、自分が刷新されているときです
 ◎いのちとは生きること。人の役に立つように生きることです
 ◎料理をするときは何も考えず、ただ心を集中しています
 ◎手間をかけることは、心をかけることです
 ◎不ぞろいな野菜のほうが、いい味がすると思います


キリスト教信者の方ですから、抵抗がある方もおられるかも
しれませんが、語り口も柔らかく、わかりやすく、いい話が
多く心にしみいってきます。
初女さんのおむすびは心を立て直す力があるということで
有名なのですが、本の中に、レシピなども紹介されています。
じっくりと読んでみることをおすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
迷ったときは、とにかく急がないことです。 急がず、慌てず、物事をしっかり見ているうちに、 いい状況に 初女さんは、 「人生の岐路でどちらに進むべきか迷ったときは、  しばらくそこにとどまって、状況を見 2016-03-25
出会いは狠侶壇陲澂瓩離船礇鵐垢任后 昔、年上の知り合いから言われたことが強く心に残っています。 青森県弘前市で、憩いと安らぎの家「森のイスキア」を 主催していた初女(はつめ)さんの言葉です。 今 2016-03-24




『おすすめ本の紹介』