ことば探し
★私は、秘密を守り、誠実な人間で、誰からも信用されています★

■今日の「おすすめ本」■

2023年4月26日

 
タイトル
できる人の口ぐせ
著者
菊入 みゆき
出版社
中経出版 (2005/12/20)
おすすめ度
★★★★★ ※おすすめ度について
モチベーション・コンサルタントの著者が、2万人のやる気を観察
分析し、その中から、できる人たちには特有の認識パターン、行動
パターンがあることに気づき、特に口ぐせ(フレーズ)にそれが
表れるということで、そのできる人たちが実際に口にしていた、
フレーズを実例をあげながら45教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「ことばは不思議です。口にすることで、その人自身を変えていき
 ます。日常の中で何度も使うことで、そのことばの背景にある
 「認識パターン」「行動パターン」が身に付いていくのです。
 できる人のパターンを、口ぐせによってえ自分のものにしましょ
 う。そして、自分が本当に結果を出すための口ぐせを、見つけて
 ほしいのです」


例えば、こんなフレーズが書かれています。
 ◎提案を拒まれたときには
  「代わりに、こんな案はどうですか?」
 ◎企画を考えるときには
  「あと2つ方法があるはずです」
 ◎変化がコワいと思ったときには
  「いつでも今日がはじまり」
 ◎スランプで落ち込んでいるときには
  「何とかなる。命まで取られないよ」
 ◎自分の「ウリ」をつくりたいときには
  「私の強みは、3つあります」
 ◎何か反論されたときには
  「それ、いいですね」
 ◎やる気が落ちていると感じたときには
  「何が憂うつのもとなんだろう」
 ◎どうしても人と自分を比べてしまうときには
  「違っててよかった」


とてもいい本だと思います。
事例もわかりやすく、すんなりと理解できます。紹介されている
フレーズを使ってみるかどうかは自由ですが、私はこのフレーズの
中に気に入ったものがあったので使っています(笑)
いいですよ~
この本からのことば 感想 掲載日
もしモチベーションが下がってきたら、 そういう自分を認め、原因を探ってみます。 「何が憂うつのもとなんだろう」と。(略) やる気が下がっているのには、 なんだかやる気が出ない、なにもかもやりたくない… そんなときがある、また、そんなときが続くときもある。 しかし、心理学的にいうと、 人間そんな波があっ 2009-07-31
あなたは仕事のことを夫や妻、家族や友人に話しますか? 家族に仕事の話なんかするものではない、 と考えるかもしれません。 でも、試しに話してみてください。( 私は、家族だけでなくて、友人でも、仕事仲間でも、 嬉しかった話、いい話、楽しかった話も、 いっぱい聞きたいと思います。 その方が、ほっとするし、よかったな 2009-06-23
「いつでも今日が始まり」 これが言えないときは、後悔しているとき、 言い訳をつくっているときです。 とりわけ達成するまでに長い時間がかかりそうなときは 著者の体験から、結果をだしている人たちは、 現状維持を望む自分から、一歩前に進むために、 「いつでも今日が始まり」同様のフレーズを 口ぐせにしているという 2009-06-03
「あと2つ方法があるはず」 こう言われて「何で」と思いながら、もう2つ考える。 1つは誰でもできる。もう1つも、まあ何とかなる。 でも3つ目というとなかな 「あと2つ方法があるはず」 この考え方は、自分の考えの幅を広げてくれると思う。 考えの幅が広がれば、いままでの見方も変わってくるし、 見方が変われば、自分 2009-06-02

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!

「ことば探し」トップページへ ▲このページのトップへ