ことば探し
★私は、部下を信頼して、仕事を任せることが出来る器量があります。★

■今日の「おすすめ本」■

2023年3月19日

 
タイトル
本当に強い人、強そうで弱い人
著者
川村 則行
出版社
飛鳥新社
おすすめ度
★★★★★ ※おすすめ度について
国立精神・神経センターの心身症研究所室長であり、
医学博士でもある著者が書いた、
「自分の弱さをちゃんと見つめて、受け入れて
 本当の強さを身につけよう」ということを
教えてくれる本。

この本では、こういっています。

「自分自身に素直な人は、等身大の自分というものを
 理解して、それをあるがままに受け入れることができる
 人だ。
 もちろん、等身大の自分の中には、自分のいいところや、
 「これをやりたい」という意志や目標のほかに、自分の
 悪いところや情けないところ、弱さというものも当然、
 含まれている。

 そういったものを、全部認めて受け入れることができるのは、
 やはりその人がそれだけ強いからではないだろうか。
 つまり、素直な人は、心が強い人なのだ」


著者は、心身症などの治療を通して、
「素直じゃないなぁ」と感じることが多く、もっと
「自分に素直になること」が大切だと言っています。
その方が、体にも心にもいいと。


強くなりたいと思う方、人間の強さって何だろうと、
疑問に思う方、生きやすさを探している方におすすめの
本です。
この本からのことば 感想 掲載日
アホな部分を素直に認めよう、 あるがままのアホでいいではないか。 自分がアホであることを認めても、 自分自身の価値はいくらも減りはしない。(略) 「 「性アホ説」とは、著者が唱えている考え方で、 「自分がアホであること」を認めると、 心の中の葛藤が少なくなり、生きやすくなる、ということ。 私は、 2006-09-07
どんなに力のある人でも、 どんなに自主独立の生き方をしている人でも、 自分だけではどうにもならない状況 というものが必ずある。 人にアドバイスをして 人は、普段は、 気軽に助けを求めることができていても、 本当に必要なときの助けを求めないことが多い、 あるいは、求められないと、聞いたことがある。 そん 2006-01-10
弱いところや嫌なところは、 誰でも多かれ少なかれ持っている。 そのマイナス面を 「あれが悪い」「これが悪い」と 数え上げても、気持ちが暗くなるばかりだ。 苦手なこと、欠点、弱点に目を向けて、 あれもできない、これもできない、と、 できないことを積み重ねるより、 小さなことでも、 できることを積み重ねた方が 2005-09-03
希望というものは、 生きる救いを与えてくれるものだ。 生きる力を与えてくれるものだ。 だから、根拠がなくても、 理屈が通らなくても、 そんなことは 今では、ちょっと古くさいような、 とても高いところにあるような感じがする、 「希望」ということば。 そして、なんだか忘れがちな「希望」 口に出すのが 2005-08-18

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!

「ことば探し」トップページへ ▲このページのトップへ