width=10
ことば探し
★私の夢を実現するためのチャンスは、どんどん増えています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年12日17日
人生心得帖
2018年12日14日
念仏に生きるとき
2018年12日13日
ワシらはみんな生きている
2018年12日12日
パワー言葉
2018年12日11日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年12日10日
心にズドン!と響く運命の言葉
2018年12日7日
死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密
2018年12日6日
小枝にしばられたゾウ
2018年12日5日
こんな社長が会社をつぶす!
2018年12日3日
念仏に生きるとき
2018年11日30日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年11日29日
「バカ」は性格か! ? 脳科学者が教える、バカな人との付き合い方
2018年11日28日
道はみんなのもの
2018年11日27日
ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術
2018年11日26日
「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣
2018年11日20日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2018年11日19日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年11日16日
3分間日記
2018年11日15日
「思い」と「言葉」と「身体」は密接につながっている
2018年11日14日
人間関係と人生にキレない方法
2018年11日13日
人生が変わる習慣
2018年11日12日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2018年11日9日
透明なる自己
2018年11日8日
手をつなげば、あたたかい
2018年11日7日
「日本人」という病
2018年11日6日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年11日2日
自分の人生の楽しみ方
2018年11日1日
こころの格差社会
2018年10日31日
経済は「競争」では繁栄しない…信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学
2018年10日29日
コミュニケーション100の法則
 
1 2 3 4 
 
2018年12月5日
タイトル こんな社長が会社をつぶす!
著者 野口 誠一
出版社 日本実業出版社 (2002/12)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

会社をつぶした経営者たちの会、八起会会長の著者が、自らの
体験も加味し、倒産社長の「法則」を見つけ出し、それを法則化。
かなり説得力のある法則ばかりです。

著者は、こう言っています。
「「会社を倒産させる社長」には共通項が多いことがわかって
 きた。その共通項を「法則」の形で抽出し、よく知られた格言で
 参考となるものを加えている。
 中小企業の事例が多いが、大きな企業にも適用できる法則集だと
 思う。
 「倒産など経験したい人はいないが、学ぶ姿勢のある人は、
 他人の失敗からも多くのものを得るはずだ。
 経営者のどういう姿勢が会社を倒産に追い込むかを知り、
 万が一の時には早めに人に相談し、夜逃げ、自殺、離婚などの
 「家庭倒産」を避けることの重要性を、これらから知って
 いただけると思う」


例えば、こんな法則が書かれています。
 ◎己が「井の中の蛙」とは、あとにしてわかる
 ◎甘い汁、吸ったつもりが、苦い汁
 ◎凡人は「楽」を求めて、「苦」に至る
 ◎ワシこそは民主的だと、ワンマン言い
 ◎一人去り、二人去り、残った社員はカスばかり
 ◎接待を、仕事と勘違いするジコチュウ社長
 ◎頭動かずして、尾は働かぬ
 ◎弱点を突かれて、怒り出すものに 社長の資格無し

 
現在社長の方はもともり、社長ではない自分にも当てはまることが
多く、生きる姿勢としても学びが多くあります。
読んでみることをおすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
登っても 登っても 峠を知らぬ欲の道 野口さんは、 「人間の欲には限りがない。  際限のない欲が「意欲」として育っていけば問題はない。   2015-03-04
奥さんの一言を侮ってはいけない。 たとえば、会社が順調な時に、儲け話をもって あなたに近づいてきた 奥さんというのは、 他の人では言えないことをズバリと言うし、 弱点や本筋をズバリと突くことも言うし、 2015-02-10
知識自慢の「知恵」足らず 知恵は知識の実戦で培われる 会社をつぶす社長は、知識と知恵のバランスが崩 野口さんは、さらにこう言っています。 「そもそも、行動の源にならない知識だとしたら、  いったい何 2015-02-09




『おすすめ本の紹介』