width=10
ことば探し
★私は、人が困っていたら、助けてあげる力があります★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年12日17日
人生心得帖
2018年12日14日
念仏に生きるとき
2018年12日13日
ワシらはみんな生きている
2018年12日12日
パワー言葉
2018年12日11日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年12日10日
心にズドン!と響く運命の言葉
2018年12日7日
死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密
2018年12日6日
小枝にしばられたゾウ
2018年12日5日
こんな社長が会社をつぶす!
2018年12日3日
念仏に生きるとき
2018年11日30日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年11日29日
「バカ」は性格か! ? 脳科学者が教える、バカな人との付き合い方
2018年11日28日
道はみんなのもの
2018年11日27日
ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術
2018年11日26日
「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣
2018年11日20日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2018年11日19日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年11日16日
3分間日記
2018年11日15日
「思い」と「言葉」と「身体」は密接につながっている
2018年11日14日
人間関係と人生にキレない方法
2018年11日13日
人生が変わる習慣
2018年11日12日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2018年11日9日
透明なる自己
2018年11日8日
手をつなげば、あたたかい
2018年11日7日
「日本人」という病
2018年11日6日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年11日2日
自分の人生の楽しみ方
2018年11日1日
こころの格差社会
2018年10日31日
経済は「競争」では繁栄しない…信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学
2018年10日29日
コミュニケーション100の法則
 
1 2 3 4 
 
2018年11月7日
タイトル 「日本人」という病
著者 河合 隼雄
出版社 潮出版社
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

日本の臨床心理学の第一人者の河合隼雄さんが、長い間の、
体験を通じて、自分の病名は「日本人」であるとわかったと
言っています。
これは、すごい病気だと…。

しかしこの病気は「治らない」と言いきっておられます。
なぜなら、治ったら日本人と言えなくなるからです(笑)

そして、大切なことは、
「自分の病(日本人)を癒すとか治すのではなく、私の仕事は、
 病を深めることであると考えるようになりました。
 病気をうんと深くする。
 深く病むと、あまり他人に害を与えません。
 病気を深く深くもっていけば、病気であるということは、
 ほとんど他人にはわからなくなってきます」

という謎のような言葉を言っています。

また、こんなふうにも言っています。
「いろいろ簡単に批判的な評論をする人は、ほとんど、
 自分の病を忘れているということです。

 自分も日本人病にかかっているはずなのに、まるで、
 健康であるかのような言い方で、「あれやれ」「これやれ」
 と言われるのです。
 「お前、本当に日本人か」と言いたくなるときがあります」


日本人ってどうなの?、また、日本の持っている良さを活かしながら、
このボーダーレスの現代社会でどうバランスをとって生きていくのか、
そういうことを、いろいろな事例から教えてくれる本です。

この本からのことば 感想 掲載日
日本人が これまでやってきた人間関係のやり方は、 話しなんかしないでも 以心伝心でだいたいピタッと 小泉さんは、 「説明をしている」「説明をしてきた」と 力説しているが、どうしてもそうは見えない。 2003-03-24




『おすすめ本の紹介』