width=10
ことば探し
★私は、今、豊かさを受け入れ、十分楽しみます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年10日24日
気持ちをうまく伝える技術
2018年10日23日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年10日22日
時間上手の暮らし方
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
2018年9日20日
希望の見つけかた
2018年9日19日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年9日14日
どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
2018年9日13日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2018年9日12日
なかなか決められない!
2018年9日11日
自分を好きになれないキミへ
2018年9日10日
みんなに好かれる人 避けられる人
2018年9日6日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2018年9日5日
クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ
2018年9日4日
時間上手の暮らし方
2018年9日3日
試してみることで人生は開ける
2018年8日31日
男はプライドの生きものだから
2018年8日30日
成功の女神に好かれる人 嫌われる人
2018年8日29日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2018年8日28日
大人の生き方 大人の死に方
2018年8日24日
もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。
2018年8日23日
「やりたいことだけ」をやる。心は上天気!
 
1 2 3 4 
 
2018年10月2日
タイトル 「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
著者 太田 連太郎 (著), 梶原 祐希 (著), 仁泉指導会 (監修)
出版社 仁泉指導会 (2012/08)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

タイトルがちょっとわかりづらく、誰向けに書いたのか、
何が書かれているのかわかりませんでしたが、読んでみたら、
この本をまとめているは進学塾講師(関係)の方々で、受験の
お子さんを抱えている母親に書かれているらしいことがわかり
ました。ただ、子育て中の母親に受け入れやすい言葉遣いでは
ないように感じます。

もっともその内容は、母親にだけではなく、仕事でも生活でも
広く一般的に役立つ内容となっています。
勉強方法なども書かれています。
また巻末に、ノーベル賞受賞者方々の言葉がまとめてあります。

たとえば、こんな言葉が90書かれています。
○根拠のない自信と根拠のある不安
○動作を速くすれば頭の回転も早くなる
○「神童」が背負う十字架
○停滞は後退である
○宿題をこなせば勘が鈍らない
○受験勉強はパズルのようなもの
○迷ったときは…やる
○たいていの勉強は量で決まる


1ページに、言葉がまとめられているので読みやすいです。
子育て中の方、部下がいる方、自分育て中の方、まだまだ
成長していきたい方におすすめです。

この本からのことば 感想 掲載日
明けましておめでとうございます。 「ことば探し」今日から、開始いたします。 2015年も、おつきあい いろいろなことがあって、殻を作って、 閉じてしまった方もおられるでしょう。 もともと、人間関係が苦手 2015-01-05
迷ったときは、やる。 やらなければいけないような気がするのだが、 どうしようかな、と漠然と迷っている どうしようかな、と迷っていることがあって、 やってないこと、できないこと、私には多々あります。 やっ 2014-11-07
天才たちの仕事ぶりは驚くほど地味である。 業績の華やかさに比べて、彼らの日常はさながら職人のような 成功と聞くと、何か大きな成果をあげて、 周りから認められることのように思いがちだけど、 そこに向かう 2014-11-06




『おすすめ本の紹介』