width=10
ことば探し
★私は、人間として日々成長しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年10日24日
気持ちをうまく伝える技術
2018年10日23日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年10日22日
時間上手の暮らし方
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
2018年9日20日
希望の見つけかた
2018年9日19日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年9日14日
どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
2018年9日13日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2018年9日12日
なかなか決められない!
2018年9日11日
自分を好きになれないキミへ
2018年9日10日
みんなに好かれる人 避けられる人
2018年9日6日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2018年9日5日
クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ
2018年9日4日
時間上手の暮らし方
2018年9日3日
試してみることで人生は開ける
2018年8日31日
男はプライドの生きものだから
2018年8日30日
成功の女神に好かれる人 嫌われる人
2018年8日29日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2018年8日28日
大人の生き方 大人の死に方
2018年8日24日
もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。
2018年8日23日
「やりたいことだけ」をやる。心は上天気!
 
1 2 3 4 
 
2018年9月27日
タイトル どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
著者 デボラ・タネン
出版社 講談社
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

職場での男女のコミュニケーションの違いを書いた本で、
働く女性にはとてもおすすめ。

この本を書いているのは、言語学者のデボラ・タネン教授。
別本で「わかりあえない理由」も書いていますが、どちらもおすすめ。

言い方がこんなに違う例をひとつあげましょう。
例えば同僚や部下に依頼するとき
男性は
「なぁ、アリス、キャビネットの整理をちょっと手伝ってくれよ」

とストレートに頼むことが多いが、
女性は、
「ねぇ、ジョン、悪いんだけど、もし手が空いているようなら、
キャビネットの整理を手伝ってくれると助かるんだけど…」

とやんわりと、相手の気持ちを害さないように、依頼する傾向があると言う。


また、会話についても、
女性は
「人の話に出来るだけ同意を示そうとする」が、
男性は
「わざと異なった視点や意見を出した方が、
 会話が盛り上がると考える」らしい。
女性は「親和型会話」で、
男性は「対立型会話」になりやすいと言う。


こんな違いが職場でも多くの誤解や偏見を生んでいると言います。
思い当たる節はありませんか?
職場での、男女差を感じている方には、とてもおすすめの本です。
同僚の見方が変わるかもしれません。




『おすすめ本の紹介』