width=10
ことば探し
★私は、失敗することを恐れず、自分がいいと思ったらチャレンジする勇気があります★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年5日26日
とにかく、やってみよう!
2019年5日24日
比較は不幸のはじまり
2019年5日23日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2019年5日22日
人生が変わる感謝のメッセージ
2019年5日21日
過去にくよくよこだわるな
2019年5日20日
どうしてそんなにイライラするの?
2019年5日17日
自分の価値に気づくヒント
2019年5日16日
自分いじめはやめなさい
2019年5日15日
いつも「いいこと」が起きる人の習慣
2019年5日13日
ああ正負の法則
2019年5日10日
本気で言いたいことがある
2019年5日9日
「やさしい」って、どういうこと?
2019年5日8日
「傷つきたくない」気持ちの精神病理
2019年5日7日
他人に振り回されてへとへとになったとき読む本
2019年4日26日
たった今から、ハッピーになる!
2019年4日25日
気疲れしない生き方
2019年4日24日
いつやるか? 今でしょ!
2019年4日23日
片づけ下手な右脳人間のための整理本
2019年4日22日
なりたかった自分になるのに遅すぎることはない
2019年4日19日
「前向き脳」のつくり方
2019年4日18日
NHKためしてガッテン/科学のワザで確実にやせる
2019年4日16日
幸せなカップルになるために
2019年4日15日
尾木ママの叱らずしつけ21のコツ
2019年4日12日
なぜか同じ失敗を繰り返してしまう人たち
2019年4日11日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2019年4日10日
ストレス&プチうつ解消レシピ
2019年4日8日
縁は苦となる苦は縁となる
2019年4日5日
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。
2019年4日4日
「何が言いたいか」をスッキリ伝える人になる
2019年4日3日
ダメなときほど「言葉」を磨こう
 
1 2 3 4 
 
2018年9月27日
タイトル どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
著者 デボラ・タネン
出版社 講談社
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

職場での男女のコミュニケーションの違いを書いた本で、
働く女性にはとてもおすすめ。

この本を書いているのは、言語学者のデボラ・タネン教授。
別本で「わかりあえない理由」も書いていますが、どちらもおすすめ。

言い方がこんなに違う例をひとつあげましょう。
例えば同僚や部下に依頼するとき
男性は
「なぁ、アリス、キャビネットの整理をちょっと手伝ってくれよ」

とストレートに頼むことが多いが、
女性は、
「ねぇ、ジョン、悪いんだけど、もし手が空いているようなら、
キャビネットの整理を手伝ってくれると助かるんだけど…」

とやんわりと、相手の気持ちを害さないように、依頼する傾向があると言う。


また、会話についても、
女性は
「人の話に出来るだけ同意を示そうとする」が、
男性は
「わざと異なった視点や意見を出した方が、
 会話が盛り上がると考える」らしい。
女性は「親和型会話」で、
男性は「対立型会話」になりやすいと言う。


こんな違いが職場でも多くの誤解や偏見を生んでいると言います。
思い当たる節はありませんか?
職場での、男女差を感じている方には、とてもおすすめの本です。
同僚の見方が変わるかもしれません。




『おすすめ本の紹介』