width=10
ことば探し
★私には、交渉力、営業力があり、その力を発揮しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年11日20日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2018年11日19日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年11日16日
3分間日記
2018年11日15日
「思い」と「言葉」と「身体」は密接につながっている
2018年11日14日
人間関係と人生にキレない方法
2018年11日13日
人生が変わる習慣
2018年11日12日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2018年11日9日
透明なる自己
2018年11日8日
手をつなげば、あたたかい
2018年11日7日
「日本人」という病
2018年11日6日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年11日2日
自分の人生の楽しみ方
2018年11日1日
こころの格差社会
2018年10日31日
経済は「競争」では繁栄しない…信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学
2018年10日29日
コミュニケーション100の法則
2018年10日26日
こころのケア
2018年10日25日
自分で奇跡を起こす方法
2018年10日24日
気持ちをうまく伝える技術
2018年10日23日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年10日22日
時間上手の暮らし方
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
 
1 2 3 4 
 
2018年9月4日
タイトル 時間上手の暮らし方
著者 金子 由紀子
出版社 アスペクト (2012/1/20)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

シンプルライフを提唱している著者が、時間を上手に活用するコツ
などを教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「フツーの人が抱える問題は、
 「頑張っているのに、年商がなかなか10億に届かない」
 なんていうことではなくて、
 「そうたいしたことをしているわけでもないのに、なぜか
  いつも忙しくて、気持ちが休まらないこと」です。
 そして、問題がそう大きいわけでもないのに、なぜかちっとも
 解決しないことが、いちばんの悩みなのです。
 私たちが欲しいのは、ほんの少しの成功と、もうちょっとゆっ
 たりした生活。つまり、あともう少しだけ時間上手になって、
 「私らしく暮らす時間」をいかにしてつくるかだと思うのです。
 それこそが、フツーの人が、『時間術』に求めていることなの
 ではないでしょうか」

ということで、フツーの人ができる時間術を具体的に教えてくれ
ます。

例えば、こんなことが書かれています。
 ◎きちんと暮らす
 ◎習慣を定着させる
 ◎できもしないことはやらない
 ◎凡人でもできる細切れ時間の活用法
 ◎ダラダラ、ぐずぐずから抜け出す方法
 ◎ギリギリ癖を治すヒント
 ◎「今を生きる」ことと「今さえよければいい」の違い
 ◎未来のためにそんなに備えが必要?
 ◎ひとりの時間を大切にする
 ◎心がセカセカしなくなる基本の習慣


自分の生活や考え方、頭の中も、整理整頓が必要なのだと
わかりました。
今の自分の生活に活かせることがいっぱい書かれています。
なかなか思ったように実現できませんが、参考になりますよ。

この本からのことば 感想 掲載日
「食事をしながら携帯メールを打つ」 「子どもの相手をしながら仕事の資料を読む」 「ゲームをしながら会 私も、よく「○○しながら××する」ということをやります。 そうすると、時間が節約できる、効率よく使え 2012-04-19
「忙しい」=「充実」と思われがちで、 実際そういうこともありますが、 多くは忙しさと充実は必ずしもイ 「忙しい」=「充実」ではない、 「忙しい」はカッコよくないと、この本では言っています。 それは、こん 2012-04-18




『おすすめ本の紹介』