width=10
ことば探し
★私のパワーは尽きることなく、いつもあふれ出てきます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年11日20日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2018年11日19日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年11日16日
3分間日記
2018年11日15日
「思い」と「言葉」と「身体」は密接につながっている
2018年11日14日
人間関係と人生にキレない方法
2018年11日13日
人生が変わる習慣
2018年11日12日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2018年11日9日
透明なる自己
2018年11日8日
手をつなげば、あたたかい
2018年11日7日
「日本人」という病
2018年11日6日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年11日2日
自分の人生の楽しみ方
2018年11日1日
こころの格差社会
2018年10日31日
経済は「競争」では繁栄しない…信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学
2018年10日29日
コミュニケーション100の法則
2018年10日26日
こころのケア
2018年10日25日
自分で奇跡を起こす方法
2018年10日24日
気持ちをうまく伝える技術
2018年10日23日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年10日22日
時間上手の暮らし方
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
 
1 2 3 4 
 
2018年8月31日
タイトル 男はプライドの生きものだから
著者 テレンス リアル
出版社 講談社 (2000/04)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

家族セラピー専門の臨床心理士の著者が、自らの生い立ち、
心を病んでいるクライアントの事例などから、「男らしさの病」、
それは、ある一種の「男性のうつ病」だと気づきます。
そしてそれは、人間関係をむしばんでいくと…。
その対処方法、セラピーのあり方、男性の生き方などが、
具体的に書かれているやや専門的な本。

著者は、こう言っています。
「うつ病の男性が回復へと向かいはじめるのは、
 「何が得られるか」と問うことを止め、
 「何を与えられるか」と自問しはじめたときである。
 父性的な関わりとは、対象が子どもであれ、妻であれ、
 芸術であれ、人類であれ、全身全霊で与えることである。
 伝統的な男性社会の勝つか負けるかという構造からは、
 魂の共有体験は生まれてこない。
 征服されることを恐れる者は、自分が与えるものを
 限定せざるを得ない。しかし、与えることを学ばなければ、
 人間としての成熟は望めないのである。
 「何を得られるのか」を問い続ける限り、彼は少年の世界に
 生き続ける。
 真に豊かな人生を生きるためには、ある時点で自分以外の
 ものへのエネルギーを注ぎはじめる必要がある」


例えば、こんなことが書かれています。
1.男の隠れたうつ病
2.ナルシスの息子たち
3.抜け殻の男たち
4.トラウマの生理学
5.不朽の「男文化」
6.失われた絆
7.能力主義の悲劇
8.心にひそむふたりの子ども
9.子どもへの贈り物
10.癒しへの道…荒れ地を抜けて


やや専門的だし、厚い本なので、読むのに時間がかかりますが、
そうか、そういうことだったのかという発見も多く、大変勉強に
なった本でした。
男性心理、男性うつ病を知りたい方は、読んでみることを
おすすめします。




『おすすめ本の紹介』