width=10
ことば探し
★私は、善悪を見極められる人間であり、良心を大切にします★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年8日22日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
2018年8日10日
生きることはすごいこと
2018年8日9日
やっかいな「女」を味方につける心理技術
2018年8日8日
夢をかなえる時間術
2018年8日6日
脳が教える! 1つの習慣
2018年8日3日
「戦う自分」をつくる13の成功戦略
2018年8日2日
ケッコン構造改革のススメ!
2018年8日1日
自分の魅力を引きだす「生き方のルール」35
2018年7日31日
死にゆく人たちと共にいて
2018年7日30日
目標設定練習帳 新装改訂版
2018年7日27日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年7日26日
1分間コトラー 顧客を虜にする戦略的マーケティング77の原則
2018年7日25日
腐ったバナナを捨てる法
2018年7日24日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年7日23日
たかがピンチじゃないか
2018年7日20日
おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典
2018年7日19日
考えすぎる女たち
2018年7日18日
新しい自分をつくる本
2018年7日17日
なぜ、今までのやり方を変えられないのか
2018年7日13日
強みを活かせ!
2018年7日12日
「時間がない」から、なんでもできる!
2018年7日6日
実行力をつける100の方法
2018年7日5日
“問題行動の意味”にこだわるより“解決志向”で行こう
2018年7日4日
自分の価値に気づくヒント
2018年7日3日
「こころの居心地」がよくなる心理学
2018年7日2日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2018年6日28日
本当に強い人、強そうで弱い人
2018年6日27日
縁は苦となる苦は縁となる
2018年6日25日
女性(あなた)の知らない7つのルール
2018年6日22日
人生、熱く生きなければ価値がない!
 
1 2 3 4 
 
2018年7月30日
タイトル 目標設定練習帳 新装改訂版
著者 リチャード・H・モリタ (著), アーサー・R・ペル博士
出版社 イーハトーヴフロンティア; 新装改訂版版 (2006/7/1)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

数多くの成功者を取材し、調査し、研究した著者と、デール・カー
ネギーの大ベストセラー『人を動かす』の改訂版編集責任者である
アーサー・R・ペル博士の編著協力によって改訂された目標設定の
実用書。

この本では、成功するために何より大切なことは、
「成功の絶対条件は、これだけは絶対に達成したい!という、本当
 の目標をみつけること」
「成功者は、忍耐力があって決してあきらめない!っていうけれど
 それは、あきらめきれない目標を持ったからこそ発揮出来た力で
 あって、忍耐力を持っていたからではない…」


つまり、他人から押し付けられて「これが、自分の目標だと思って
いるようなもの」、他人の期待に応えるために持っている目標は、
本当の目標ではなく、その目標達成に向かっているときには、エネ
ルギーが満ちてくるものだと言っているのです。
そして、あきらめようと思っても、決してあきらめきれないもの…
そんなものこそ、自分にとっての目標なのだと言っているのです。

本当の目標とは、
「本当に心の底からこれだっ!という確信が持てたもの」であり、
この本では、この自分が心から「本当にこれだっ!」と思えるよう
な目標を見つけることを目標としています。


目標を見つける前に、自己認識をするために、
記入ノート式の「本当の自分をつかむ生活史作成ノート&30年目標
記入カレンダーノート」がついていて、本を読んだら、すぐ実行出
来るようなつくりになっています。
472個も質問がある生活史を書くのはけっこう大変ですが、書いて
みるといろいろなことに気づきます。
自分の本当の目標を見つけたい人には必見の書です。

この本からのことば 感想 掲載日
問題は、目標が明確かどうかじゃなくて、 目標が本物かどうかっていうことさ。 目標を明確にしたからって 目標達成することが「とても辛くて、むずかしい」 目標達成したけれど「虚しい、嬉しくない」 目標を明確 2006-11-27
「自分さがし、目標さがし」への取り組みは、 一般的には若い時期にやるものだとされているが、 人生80 回りの若い人たちと比べると、 残念ながら決して若くはないが、 そして、若い頃もあったが、 確かに、今 2006-11-20




『おすすめ本の紹介』