width=10
ことば探し
★私は、自分の力で、ちゃんと生きていけます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年5日25日
時間上手の暮らし方
2018年5日24日
ほっとする禅語70
2018年5日23日
自信サプリ
2018年5日22日
がんばらない、がんばらない
2018年5日21日
人はなぜウソをつくのか?
2018年5日17日
自分を動かす言葉
2018年5日16日
その上司、大迷惑です。 困った上司とかしこく付き合う傾向と対策
2018年5日15日
できる人の人生のルール
2018年5日14日
ハッピーエンド・コンプレックス
2018年5日11日
人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる
2018年5日10日
あなたの人生で本当に大切にするべき27のこと
2018年5日8日
夫よ!あなたがいちばんストレスです
2018年5日7日
叱り方・ほめ方・教え方100の鉄則
2018年5日2日
頭のそうじ 心のそうじ
2018年5日1日
回復力~失敗からの復活
2018年4日27日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2018年4日26日
「ちゃんと評価される人」がやっている仕事のコツ
2018年4日24日
今日を始める160の名言
2018年4日23日
たった今から、ハッピーになる!
2018年4日20日
脳と気持ちの整理術
2018年4日19日
その他大勢から抜け出す成功法則
2018年4日18日
いい仕事をする人は、「いい言葉」を選ぶ: 「話し上手」「伝え上手」が大事にしていること
2018年4日13日
モノのために家賃を払うな!~
2018年4日12日
ツキを呼ぶ「トイレ掃除」
2018年4日10日
100%人生が変わる1%のひらめき
2018年4日9日
プロフェッショナル・ネゴシエーターの頭の中
2018年4日6日
伝え方が9割
2018年4日5日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2018年4日4日
今の自分が本当のあなたです
2018年4日3日
誰からも好かれようとする女たち
 
1 2 3 4 
 
2018年5月7日
タイトル 叱り方・ほめ方・教え方100の鉄則
著者 高嶌 幸広
出版社 PHP研究所
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

言葉による自己表現についての研究をしている著者が書いた、
部下を伸ばすための「叱り方・ほめ方・教え方」の鉄則本。
ビジネス向けの本ですが、普通の生活場面でも役立つ鉄則が
100ほど書かれています。

例えば、著者は、
「叱る」ことと「怒る」ことは違うと言っています。

「「叱る」ことは、理性的な行為である。論理の流れのなかで、
 相手との差異を冷静に見極めて、なぜ自分の思いと違うの
 だろうかと分析を加える。そして、その解決策を考えた上で、
 冷静に相手の間違いや悪い点をしてあげることである。

 次に「怒る」ことについてである。
 これは、生じた差異、あるいはあなた自身の感情によって、
 勝手につくり出した差異に対して、反射的に対応してしまう
 ことである。反射的とは、論理の流れのなかで、問題解決を
 図ろうとするのではなく、自分自身の感情を押さえるために
 することなのである。
 あなたが感情的になったら、相手も当然感情的になる」


その他、こんなことが書かれています。
●叱れないでは上司はつとまらない
●これだけは覚えておきたい叱り方15の原則
●思わずうなる叱り方の高等テクニック
●叱り上手になるための10カ条
●部下との人間関係はほめることからはじまる
●部下の心をつかむほめ方15の原則
●ほめ上手になるための10カ条
●部下を育てるほめ方・叱り方
●部下を育てる教え方


なるほど…と思うようなことが書かれています。
部下やお子さんの叱り方、ほめ方で、迷いなどある方は一読して
みることをおすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
叱る時には「一時に一事」を旨とする。 そのときそのときの叱るべき言動だけを対象にする。 他のことは絶 これは、部下だけでなく、身近な人たちに対しても 当てはまることだと思う。 誰かが何か叱られるような 2008-01-26
自分ではよかれと思ってしたことが、 他の人にはそうとは受け取ってもらえないことが多い。 われわれの人 この本では、こんなことも言っている。 「叱られるのは良薬、叱られないのは凶器。  人間とはおもしろ 2007-11-08
「だめな叱り方」 ●「だめ、だめ」しか言わない ●言い訳も聞かずに頭ごなしに叱る ●なんで叱るのか この本では、 「叱る」ことと「怒る」ことは違うと言っています。 (詳しくは、「ここをクリック」) そ 2006-01-23




『おすすめ本の紹介』