width=10
ことば探し
★私は、今、自由に愛を受けとったり、与えたりします★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
2017年12日20日
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
2017年12日19日
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
2017年12日18日
失敗は、顔だけで十分です。
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
 
1 2 3 4 
 
2017年10月31日
タイトル アサーティブ―「自己主張」の技術
著者 大串 亜由美
出版社 PHP研究所 (2007/7/19)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

人材育成コンサルタントの著者が、相互尊重のアサーティブ
コミュニケーション術のスキルとマインドを教えてくれる本。

アサーティブとは、協調的で発展的な「自己主張」の技術
ですが、本当に興味を持って話を聞いてもらうためには、
「3つの条件」をクリアしておくことが大事だそうです。

 1.「伝えたいこと」がある
 2.それを伝える「意欲」がある
 3.上手に伝える「スキル」がある


そして、「どうせ伝わらない」「言ってもムダ」
「わかってもらえるはずがない」とあきらめる前に、
「何を」「誰に」「なぜ」伝えたいか、自分の本心に耳を傾けて
みることがまずは必要だということです。

その他、こんなことが書かれています。
 ○「初対面の人」に言えない
 ○「よく知っている人」には言いづらい
 ○「上司」に言えない、「部下」に言いづらい
 ○「クライアント」に言えない
 ○「大勢の前」だと言えない
 ○したいことを「したい」と言えない
 ○仕事を「頼めない」「断れない」


「交渉がうまくいかない…」「自分をアピールするのが苦手だ」
「言いたいことが言えない。伝えたいことが伝わらない…」
そんな方におすすめの本です。
その他、ビジネス心理なども具体的に書かれていて、プレゼンを
するようなときには、参考になることまちがいなしです。

この本からのことば 感想 掲載日
余計な言葉が多く、それでいて文章をきちんと 完成させられないのは、しゃべりながら考えているから。 一 この本に、こんな事例が書かれています。 「あのですね、実はですね、今日はですね…」 「…とまぁ、こ 2014-12-11
「巧く話そう」と色気を出すな 相手が知らない人であれ、よく知っている人であれ、 緊張してしまうのは 「巧く話そう」と思うと、どうしても色気を出したくなりますよね。 それと、「どうしても伝えよう」なんて 2014-12-10
プラスもマイナスも隠さず伝えること。 プラスの情報も、マイナスの情報も、 上司にはつまびらかに伝える 企画書だけでなく、いろいろな場面で、 マイナスの情報はなかなか伝えにくいものです。 マイナスのことが 2014-12-08



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』