width=10
ことば探し
★私には、すばらしい記憶力が備わっています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年10日24日
気持ちをうまく伝える技術
2018年10日23日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年10日22日
時間上手の暮らし方
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
2018年9日20日
希望の見つけかた
2018年9日19日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年9日14日
どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
2018年9日13日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2018年9日12日
なかなか決められない!
2018年9日11日
自分を好きになれないキミへ
2018年9日10日
みんなに好かれる人 避けられる人
2018年9日6日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2018年9日5日
クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ
2018年9日4日
時間上手の暮らし方
2018年9日3日
試してみることで人生は開ける
2018年8日31日
男はプライドの生きものだから
2018年8日30日
成功の女神に好かれる人 嫌われる人
2018年8日29日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2018年8日28日
大人の生き方 大人の死に方
2018年8日24日
もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。
2018年8日23日
「やりたいことだけ」をやる。心は上天気!
 
1 2 3 4 
 
2017年10月24日
タイトル チャンスの扉
著者 アーサー パイン, ジュリー ヒューストン
出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン (2006/6/15)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

アメリカの出版業界で成功している著者が、
「1つの扉が閉じると、もう1つの扉が開く」ことを、さまざまな
不運や挫折を乗り越えて、成功を手に入れた人々の体験談を通じて
教えてくれます。

著者はこう言っています。
「あきらめなければ、扉は開く…
 これまでうまくいっていたのに、ある日突然、不運な出来事に
 見舞われる…そういう経験が、誰にでも一度や二度はあるだろう。
 目の前の扉が音を立てて閉じてしまったらどうするか。
 すべてをあきらめて、何もかも投げ出してしまいたくなるかも
 しれない。
 しかし、あきらめずに行動を起こすことで、閉じてしまったかに
 見えた扉が再び開くこともある。もう無理だと思っても、とに
 かくがんばり続けることで、不可能が可能になることだってある
 のだ」

扉が閉じたからといって、それを失敗や挫折と考えるのは間違いだ
とくり返し教えてくれます。

例えば、こんなことが書かれています。
 ○何があっても進みつづける
 ○怒りをエネルギーに前進する
 ○悪い知らせはいい知らせの前兆だ
 ○終わったことに執着しない
 ○仕事がないことはいいことだ
 ○絶望に打ちのめされるな
 ○決断は自分でくだす
 ○うまくいかない相手に固執しない
 ○無理だと思っても挑戦してみる
 ○「NO」と言われてもあきらめるな


元気をもらえる本です。
薄くて、文字も大きくて読みやすいので、本を読むのが苦手な
方にもおすすめです。
「扉は開くから」と、後押ししてくれる本です。

この本からのことば 感想 掲載日
挫折したからといって、 それが道の終わりとは限らない。 もしかしたら、 単なる回り道かもしれないのだ 敗北感に打ちのめされることはある。 がっくりきて、元気もやる気もなくし、 果てしなく、自分がだめなよ 2010-03-03
心から信じている何か、 またはどうしても逃したくないチャンスにつながる扉が、 閉ざされたとき、そこで 自分の行く手の扉が、閉ざされてしまったかのように すでに閉じられているように思えることがある。 そし 2009-12-15
誰にでも、自分に合った扉が必ずある。 ときには「これだ」と思っていた扉が 閉ざされるしまうこともある そして、この本ではこう言っている。 「何かでつまずいたとき、  そこからずっと起き上がれない人もい 2007-09-25




『おすすめ本の紹介』