width=10
ことば探し
★私は、素晴らしい仕事をして、充分は収入を得ています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
2017年10日18日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年10日17日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2017年10日16日
光に向かって123のこころのタネ
2017年10日6日
泣きなされ笑いなされ舞いなされ
2017年10日5日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2017年10日4日
ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
2017年10日3日
もっと気楽に生きるコツ
2017年10日2日
自分を信じてゆっくり進め!
2017年9日27日
世間のウソ
2017年9日26日
脳からストレスを消す技術
2017年9日25日
伝えるための3つの習慣
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
2017年9日21日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2017年9日20日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年9日19日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2017年9日15日
ずっとやりたかったことをやりなさい
2017年9日11日
自分を変える!脳内会話
2017年9日8日
生きる不安への「答え」
2017年9日6日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年9日5日
脳が喜ぶ生き方
2017年9日4日
人生がときめく片づけの魔法
2017年9日1日
一度なら許してしまう女 一度でも許せない男
2017年8日31日
1分間思考改革術
2017年8日30日
人間関係に活かす 使うための心理学
2017年8日29日
大人の生き方 大人の死に方
2017年8日28日
考え方と生き方を変える10の法則
2017年8日25日
こころの温度計
2017年8日24日
お金とモノから解放されるイギリスの知恵
 
1 2 3 4 
 
2017年10月2日
タイトル 自分を信じてゆっくり進め!
著者 伊藤 真
出版社 ダイヤモンド社 (2002/11)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

「司法試験塾」を開塾し、多くの合格者を世に送り出し、また
司法、憲法についての解説本などを出版している著者が、生きて
いくのに大切なこと、今を生きていくことを、司法を目指して
いる方々や司法関係者に向けて語りかけている本。

著者は、今を生きることの大切さをこう言っています。
「司法試験の受験時代の初めの頃は、将来こんなことをしてやろう
 とか、弁護士になったらこんな車に乗ってとか、将来のことばか
 りを考えていました。そして、つらい今を堪え忍ぼうとしていた
 のです。
 当然「今」はつらく、忙しく、面白くなくなります。そして夢が
 実現できそうもなくなると、自分は時間を無駄に過ごしたと思い
 こみ、自己嫌悪になります。これでは何もいいことはりません

 そこで、考えました。
 夢は将来の自分のためにあるのではなく、今の自分を充実させる
 ためにあるのだと。
 将来のことを考えて楽しむのもいいですが、それは将来が楽しい
 からではなく、今、そのように考えていられる自分の幸せを実感
 できるから楽しいのです。
 自分に存在するのは今だけなのだから、それを自分で意識して
 感謝しながら、精一杯楽しもうと思いました。
 今、しっかりと空気を吸ってますか。
 今、大地をしっかりと自分の足で踏みつけていますか」


例えば、こんなことが書かれています。
 1.自分を信じ、あるがままを受け入れて生きよう
   ・豊かな生活とは何か
   ・世間の物差しの奴隷になっていないか
 2.人は誰にでも生まれたときから託された使命がある
   ・私のあこがれる法律家
   ・絶対的な価値の中で生きる
 3.今、勉強しないでいつやるのか
   ・競争相手は他人ではなく自分である
   ・どんなことにも地道にやらなければいけない時期がある
 4.限られた時間をいかに有効に使うか
   ・毎日3時間、2〜3年勉強すれば合格できる
   ・ムダを省いて合理的に勉強するには…
 5.法律家は冷たい心の持ち主なのか
   ・過去の歴史から学ぶことの意義
   ・強制収容所を訪れて考えたこと


司法試験の勉強方法や時間の使い方、司法に携わる心構えなども
書かれています。この本の中で繰り返し語られていることは、
「今を生きる」こと、「愛をもって生きる」ということでした。

この本からのことば 感想 掲載日
バイオリニストの川畠成道さんは目が不自由です。 それでも英国王立音楽院で主席となり、 人々に感動を与 この本では、さらに、川畠さんのことをこう書いています。 「この川畠さんも、あるコンクールのセミファイ 2009-11-24



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』