width=10
ことば探し
★私には、注意深さと大胆さと勇気があります★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
2017年11日22日
幸運のつくり方
2017年11日21日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2017年11日17日
話を聴く力が人生を変える
2017年11日16日
モンダイは君のその喋り方と態度だ!
2017年11日15日
「わかる」とはどういうことか
2017年11日14日
そっとあなたの“欠点”を直してくれる本
2017年11日13日
人生の意味
2017年11日8日
キレないための上手な怒り方
2017年11日7日
脳には、自分を変える「6つの力」がある
2017年11日6日
人に振りまわされずに生きる13の法則
2017年11日2日
はい、息を吐いて。それからゆっくり考えよう
2017年11日1日
脳はなにかと言い訳する
2017年10日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2017年10日30日
あなたの周りの困った人の攻略法
2017年10日24日
チャンスの扉
2017年10日23日
プロの聞く技術が身につく本
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
 
1 2 3 4 
 
2017年9月20日
タイトル 人生の「お荷物」を捨てる方法
著者 ひろ さちや
出版社 青春出版社 (2007/11/1)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

宗教思想家の著者が、生きるために「重荷となっているもの」を
どうしたら捨てることができるか、その方法、考え方などを
宗教的観点、深い見方から教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「物差しってありますよね。私たち人間が持っている「世の中の
 物差し」って、実はゴム紐でできているんです。
 たとえば、誰かともめた時、
 「あの人が悪い。私もちょっとだけ悪いけど、あの人ほどじゃ
  ない」というふうに、見方によって伸び縮みするんです。
 他人には厳しく、自分に甘くなったりね。
 それに対して、宗教の物差しは、しっかり目盛りがあって、
 正確にものを測るというような物差しじゃないんです。
 いわば目盛りのない物差し。測らない物差しです。
 だから、明るい性格と暗い性格とどっちがいいか、なんて測り
 ません。どっちだっていいんです。
 苦しみながら生きるのと、安楽に生きるのと、どっちがいいも
 ない。どっちだっていいんですよ」
人間は、この物差し、しかも自分が持っている物差しにとても
左右されているとか。


例えば、こんなことが書かれています。
 ○世の中の役に立たなくていい
  ・病気のままでも健康に生きる
  ・「そのまんま」という生き方を知る
  ・人生の旅にゴールはない
 ○生きたいように生きればいい
  ・もう一度、家族の時間を取り戻す
  ・「希望の先取り」が不幸を招く
  ・不登校、引きこもり子の感性
  ・先々のことなんて心配しなくていい
 ○すべて「自分の都合」でいい
  ・お金は「自分の事情」で勝手にやろう
  ・本気で働かなくてもいい


なるほどそう考えれば、そういう見方もできるのか、そういう
生き方もありか…と宗教の持つ深い意味を感じられる本です。
好きずきある本だと思います。
今、がんばっている方にはおすすめしません。
ややお疲れモードに入っている中年以降の方におすすめです。

この本からのことば 感想 掲載日
今の日本は企業の目で人を選別して、 「この人は役に立つ」「この人は役に立たない」 などと、まるで商品 こんなふうに、人を選別していることや、 商品化していることは、多い。 それも、無意識に、瞬時に… ま 2009-11-09



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』