width=10
ことば探し
★私は、豊かさを得るにふさわしい人間です★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年2日23日
過去にくよくよこだわるな
2018年2日22日
大金持ちになる人の考え方
2018年2日21日
自分のちからに気づくスピリチュアル・ブック
2018年2日19日
「1日30分」を続けなさい!
2018年2日16日
話し方! こう変えればうまくいく パワートーク36の技術
2018年2日15日
15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
2018年2日14日
あなたが与えたものが、あなたが受けとるもの
2018年2日13日
自分の時価を高め、成功を呼ぶ50の方法
2018年2日9日
とことん悩む人が強い理由
2018年2日8日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2018年2日5日
女房に言っていい言葉いけない言葉
2018年2日2日
友だち100人できません
2018年2日1日
なぜ「いい人」は心を病むのか    
2018年1日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年1日30日
夢をかなえる勉強法
2018年1日26日
こころの健康学
2018年1日25日
潰れない生き方
2018年1日24日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2018年1日23日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
 
1 2 3 4 
 
2017年9月5日
タイトル 脳が喜ぶ生き方
著者 久恒 辰博
出版社 講談社 (2008/9/19)
おすすめ度 ★★★☆☆ ※おすすめ度について

脳や神経再生研究をし、「大人のサルでも脳内細胞が成長する」
という発見をした著者が、脳が喜ぶ生き方(ヒラメキのある生き
方など)、喜びを感じやすくなる生き方などを科学的なデータ、
実験などから教えてくれる本。

この本では、脳が喜ぶ生き方として「ヒラメキ」を取り上げて
います。
「「脳が喜ぶ瞬間」を外から見るために、「光トポグラフィー」
 という最先端の科学機器を採用しています。この装置では、
 脳に赤外線を当てることで、脳組織の中に流れる血液の様子を
 計測できます。
 脳の活動が高まると、その場所で血液が多く流れるようになり
 ます。計測では、血流中のヘモグロビン量が測定されています
 が、この数値を基に、その場所における脳細胞の活動を正確に
 推定することができるわけです。
 実験では、脳の「ヒラメキ」に焦点を絞り、計測を行いました。
 なぜなら、ヒラメいているときは、まさに脳が喜んでいるとき
 だからです」

なぜ、ヒラメキが脳が喜ぶことなのかは、わかりませんでしたが、
幸せ脳をつくったり、脳を喜ばせるためには「ヒラメキ」はとても
大切だそうです。

例えば、こんなことが書かれています。
《「脳が喜ぶ」日常生活》
 ◎年をとってもあきらめない
 ◎悪い記憶は定着させない
 ◎恋人の写真を見て脳を鍛える
 ◎誉めまくると、誉めてもらうと
 ◎マンガを読む脳は?
 ◎クイズ番組を見るめりっと
 ◎音楽は脳のサプリメント
 ◎脳の血管を強化するには
 ◎究極の「脳が喜ぶ」生活術


科学的であるような、ないような…脳の実験やデータと実生活の
結びつきにどうも無理があるような…そんな感じを正直受けまし
たが、脳の仕組みや最先端の実験結果など参考になりました。

この本からのことば 感想 掲載日
勉強でも仕事でもスポーツでも、人から言われてやっていると、 壁にぶつかったときにすぐにあきらめてしま 何かをやり続けていると、それはやはり、 静かに、しかし確実に積み重なっていくものだと思う。 それは、 2010-09-28
読書をしているだけで、 脳はヒラメくということを覚えておいてください。 本を読んでいると突然、「これ 「ああ〜そうだったのか、こういうことだったのか」 「なるほど、こんな考え方もあるのか」 「そうか、こ 2010-04-30



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』