width=10
ことば探し
★私は、子ども達のいい面を見て、それを伸ばすようにしています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
2017年12日20日
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
2017年12日19日
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
2017年12日18日
失敗は、顔だけで十分です。
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
 
1 2 3 4 
 
2017年7月6日
タイトル 子どもの心に届く言葉、届かない言葉
著者 小山 英樹 (著), 佐々木 喜一 (監修)
出版社 学習研究社 (2008/06)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

教育コーチで社団法人日本青少年育成協理事(出版時)の著者が、
子どもの心に届き、生きる力を引き出すようなコミュニケーション
方法、教育コーチングを38教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「私は自分の中に3つの信念を作った。
 それが現在「信念のトライアングル」と呼んでいるものだ。
 「人は育とうとする生き物だ」
 「人は自分の中に答えを持っている」
 「人はそれぞれ」
 「信念のトライアングル」を持って接すれば、子どもたちは
 固有の意欲と能力を発揮してぐんぐん育つ…
 本書の中で、子どもの心に届き、生きる力を引き出すような
 コミュニケーションを探求していきたい」

また、教育では「教」が先立ち「育」が足りないとも言っています。

その他、こんなことが書かれています。
 ○「話す」ことは「放す」こと、「離す」こと
 ○判断を脇におく
 ○そこにちゃんといる
 ○「なぜ?」を「何?」に言い換える
 ○前向きに質問する
 ○現状を承認する
 ○子どもの「心の掃除」を支援する
 ○部下の「成長したい」を支援する
 ○教師の「より以上を目指す」を支援する
 ○ひきこもり親子の「自己との戦い」を支援する


一つ一つの話に事例が書かれており、わかりやすく
「なるほど、そうか…」と納得できる話、気づきが多く
とても勉強になる本です。
子育て中の方、教育に関わっている方、人を育てる立場の方、
コーチングに興味のある方には、とてもおすすめの本です。

この本からのことば 感想 掲載日
《心に届く「承認」と届かない「承認」がある》 私たち人間は、賢くなりすぎたのかもしれない。 一生懸 感動したら、素直に思ったことを口に出せればいいのに、 なんて言おうか考えて、まわりくどい言い方になっ 2013-12-04
私の知人に、アスリートを対象にした メンタルトレーニングをしている人がいる。 彼が集中力をアップする 著者の小山さんもテニスボールの3段積み、 チャレンジしてみたそうです。 何時間もかかったそうですがで 2012-10-12



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』