width=10
ことば探し
★自分の目標に精神を集中させ、潜在意識を活用し、目標達成に向かっている★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
2017年12日20日
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
2017年12日19日
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
2017年12日18日
失敗は、顔だけで十分です。
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
 
1 2 3 4 
 
2017年6月30日
タイトル 時間上手の暮らし方
著者 金子 由紀子
出版社 アスペクト (2012/1/20)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

シンプルライフを提唱している著者が、時間を上手に活用するコツ
などを教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「フツーの人が抱える問題は、
 「頑張っているのに、年商がなかなか10億に届かない」
 なんていうことではなくて、
 「そうたいしたことをしているわけでもないのに、なぜか
  いつも忙しくて、気持ちが休まらないこと」です。
 そして、問題がそう大きいわけでもないのに、なぜかちっとも
 解決しないことが、いちばんの悩みなのです。
 私たちが欲しいのは、ほんの少しの成功と、もうちょっとゆっ
 たりした生活。つまり、あともう少しだけ時間上手になって、
 「私らしく暮らす時間」をいかにしてつくるかだと思うのです。
 それこそが、フツーの人が、『時間術』に求めていることなの
 ではないでしょうか」

ということで、フツーの人ができる時間術を具体的に教えてくれ
ます。

例えば、こんなことが書かれています。
 ◎きちんと暮らす
 ◎習慣を定着させる
 ◎できもしないことはやらない
 ◎凡人でもできる細切れ時間の活用法
 ◎ダラダラ、ぐずぐずから抜け出す方法
 ◎ギリギリ癖を治すヒント
 ◎「今を生きる」ことと「今さえよければいい」の違い
 ◎未来のためにそんなに備えが必要?
 ◎ひとりの時間を大切にする
 ◎心がセカセカしなくなる基本の習慣


自分の生活や考え方、頭の中も、整理整頓が必要なのだと
わかりました。
今の自分の生活に活かせることがいっぱい書かれています。
なかなか思ったように実現できませんが、参考になりますよ。

この本からのことば 感想 掲載日
「食事をしながら携帯メールを打つ」 「子どもの相手をしながら仕事の資料を読む」 「ゲームをしながら会 私も、よく「○○しながら××する」ということをやります。 そうすると、時間が節約できる、効率よく使え 2012-04-19
「忙しい」=「充実」と思われがちで、 実際そういうこともありますが、 多くは忙しさと充実は必ずしもイ 「忙しい」=「充実」ではない、 「忙しい」はカッコよくないと、この本では言っています。 それは、こん 2012-04-18



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』