width=10
ことば探し
★お金を、必要なときにはケチらず使い、無駄なことには使いません★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
2017年12日20日
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
2017年12日19日
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
2017年12日18日
失敗は、顔だけで十分です。
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
 
1 2 3 4 
 
2017年6月28日
タイトル 機長の「集中術」
著者 小林 宏之
出版社 阪急コミュニケーションズ (2010/3/27)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

日本航空の元機長で、航空リスクマネジメントの専門家である
著者が、その経験から、集中力について、また、成果に結びつく
集中力の身につけ方などを教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「集中力は、生まれながらの才能でも、特別な才能でもなく、
 スキルであるといいましたが、では、そのスキルとはいったい
 なんでしょう。
 それは、捨てる技術です。
 目的を実現するためには、自分が好きなこと、やいたいこと、
 やるべきことに集中し、その時、その場で必要のないもの、
 今いちばん大切なもの以外のもの、今やろうとすること以外の
 ことは、すべて捨ててしまう。
 その思い切りのよさに他なりません。
 つまり、集中力とは捨てる技術(スキル)なのです。
 「捨てる技術」は、集中力発揮のためのキーワードです」


ということで、こんなことが書かれています。
 ○集中力とは
 ○一点に瞬間的に集中する(集中力の深さ)
 ○全体的に気配りしながら大局を把握する(集中力の幅)
 ○流れや変化を読み取る
 ○持続する集中力(時間を意識した集中力)
 ○本質、重要度を見極める
 ○集中力を阻害するもの
 ○集中力を発揮する方法
 ○どうしても集中できないときは
 ○「集中力」が私の人生を変えた


集中することがどんなに大切かはわかっていても、なかなか
集中することができない、なんてことよくありますが、
この本を読むと、なるほど、こうすればいいのかと、
参考になることがいっぱい書かれています。
じっくりと読み、実行すると、集中できるようになる、かな、
なかなか実行するにも、集中力がいりそうですが(笑)

この本からのことば 感想 掲載日
子どもが遊びに熱中(集中)しているときは、 過去のことや、未来のことがを考えたりしません。 今、ここ 考えてみれば、子どもの頃は、その場その時に目を輝かして、 集中していましたが、大人になるにつけ、 何 2013-10-31
集中力を発揮する際に、ヒューマンエラーという 落とし穴に陥らないためには、適宜、 「鳥の眼」「虫の眼 ヒューマンエラーとは、人間がおかしてしまう、 うっかりミス、無意識の失敗というようなものですが、 そ 2013-10-29



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』