width=10
ことば探し
★私の中にある、不安感や、罪悪感、恐怖感をすべて手放し、解放します★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
2017年12日20日
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
2017年12日19日
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
2017年12日18日
失敗は、顔だけで十分です。
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
 
1 2 3 4 
 
2017年6月26日
タイトル ありがとう 生きること そのすばらしさ
著者 大津 秀一
出版社 致知出版社 (2011/9/16)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

1000人以上の方々の死を見届けてきた、緩和医療医、終末期
医療専門家の著者が、生きるということについて教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「現代人の死を一番見ているのが、実は医者です。
 そして実は、人の死が教えてくれることはとてもたくさんあるの
 だと、僕は気がつきました。
 死は、嫌なものでも、怖いものでもありません。
 死を見て考えるからこそ、人はよりよく生きようとして、生が
 輝くのです。

 世の中は進歩して、僕たちは死を遠くに感じることができる
 ようになりました。けれども、死はいつでも誰にでもやって
 くるものなのです。今回の震災でも、それが痛感されたことと
 思います。問題は、ただそれが怖い怖いと逃げ回っていても、
 いつかそれがやってくるということです。

 だから、逃げ切ることを考えても仕方ないのです。
 逃げなくても大丈夫と思えれば、死が来てもそれほど、
 怖れることはないでしょう。また、いつ終わりがきても
 いいように、精一杯、夢や希望を持って生きることが大切
 なのです」


例えば、こんなことが書かれています。
 ○自分が死ぬと思ったことはありますか?
 ○恋がかなわなくても死なない
 ○人間関係はむずかしくて当然、だからめげない、落ち込まない
 ○親を亡くした子へ、親知らずの幸せ
 ○死に目で勉強する
 ○どのように死ぬのでしょうか
 ○最後の言葉


この本は、若い人向けに書かれた本で、死について、事例を
交えたり、いろいろいな観点から見つめ、ていねいに教えて
くれる本です。
もちろん、どの年代の方が読まれても、きっと、気づきや
立ち止まるところがあると思います。
よりよく生きるために、死を視野に入れる、そんなことを
私は、教わりました。

この本からのことば 感想 掲載日
プロスペクト理論の価値関数があります。(表略) 金銭が大きくなると、利益の場合も損失の場合も、 些少 同じ1万円でも、元の価格によって感じ方が違う、思い当たります、 このプロスペクト理論価値関数。 確 2013-07-10
あがきにあがいて、ちっとも前に 進んでいるような気がしないけれども、 木立がぱっと開けたところから見 その中にいると見えないけれど、そこから離れてみると、 自分がかつていたところがよくみえる… そんなこ 2013-07-09



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』