width=10
ことば探し
★私は、自分の命にとても感謝しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年8日10日
笑いの治癒力
2017年8日9日
『立場』『比喩』『具体』これだけでOK!人生を変える「伝える」技術 3つのカギ
2017年8日8日
伝えるための3つの習慣
2017年8日7日
だから優しく、と空が言う
2017年8日4日
人をいかに愛し、生きるか
2017年8日3日
心のなかの幸福のバケツ
2017年8日2日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2017年8日1日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年7日31日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年7日25日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年7日24日
「心配性」と上手につきあう方法
2017年7日21日
ストレス&プチうつ解消レシピ
2017年7日19日
今日が、その日だ!
2017年7日18日
幸福のボタンをかけ直す60分レッスン
2017年7日14日
脳からストレスを消す技術
2017年7日13日
アドラー珠玉の教え 自分の人生を最高に生きる77のヒント
2017年7日12日
時間とお金をムダにしないで成功する方法
2017年7日11日
「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術
2017年7日10日
勇気がわいてくる子育て70の言葉
2017年7日6日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2017年7日5日
変な人が書いた成功法則
2017年7日4日
人生は好転できる
2017年7日3日
だからすれ違う、女心と男脳
2017年6日30日
時間上手の暮らし方
2017年6日29日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年6日28日
機長の「集中術」
2017年6日27日
いつでも、逆に考えるとうまくいく。
2017年6日26日
ありがとう 生きること そのすばらしさ
2017年6日23日
神の業は現われる
2017年6日22日
「自分」取扱説明書
 
1 2 3 4 
 
2017年6月12日
タイトル 人の心はどこまでわかるか
著者 河合 隼雄
出版社 講談社
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

日本の臨床心理学の第一人者の河合隼雄さんが
カウンセラー(興味ある人、なりたい人も含む)のために
書かれた本。
実際のカウンセラーや、心理分析をしている方からの質問に
答える形で書かれています。

例えば、こんな質問に答えています。
「なぜ、心理療法家になったのか?」
「治療者として父性を育てるためには、どのようにすればいいか」
「仕事に対して心理療法家はどのような価値観をもって、
 働くことへの援助をしたらいいのでしょうか?」

などなど、現実的な質問がされています。

この本の中で著者は、カウンセラーの資質について、
「ただひとこと言えるのは、「自分はなりたい」と
 いうより、「自分こそ適任だ」と思うような人は、
 あまり心理療法家には向かないと言うことです。(略)

 心理療法家にとって何より大切なのは、クライエントの
 考えや感情であって、クライエントの個性を生かすことです。
 したがって、自分の人生経験を生かしたいと意気ごむことは、
 心理療法家に必要な根本姿勢とはまったく逆の姿になります。

 また、自分の傷つきやすさを、鋭敏さと誤解して、自分は
 弱い人の気持ちがよくわかるので、そのような人の役に
 立ちたいと思うような人も問題です。

 たしかに、傷のある人は他人の傷の痛みがよくわかりますが、
 そのようなわかり方は治癒にはつながりません。

 傷をもっていたが癒された人、傷はもっていないが傷ついた
 人の共感に努力する人、などによってこそ、心理療法は
 成り立つのです」

こうはっきりと言っています。

カウンセラー(興味ある人、なりたい人も含む)には、
必見の書だと私には思えます。

この本からのことば 感想 掲載日
人には死ぬほど苦しいこともあります。 そこを越えていかないと成長しません。 ある意味では、 死んで 死ぬほど苦しいこと… 死んだ方が楽だと思うこと… 死ぬほど胸が痛くなるようなこと… あるなぁ… そ 2002-07-22



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』