width=10
ことば探し
★私は、賢い投資をし、大きな成果を出しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年8日22日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2017年8日21日
“問題行動の意味”にこだわるより“解決志向”で行こう
2017年8日10日
笑いの治癒力
2017年8日9日
『立場』『比喩』『具体』これだけでOK!人生を変える「伝える」技術 3つのカギ
2017年8日8日
伝えるための3つの習慣
2017年8日7日
だから優しく、と空が言う
2017年8日4日
人をいかに愛し、生きるか
2017年8日3日
心のなかの幸福のバケツ
2017年8日2日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2017年8日1日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年7日31日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年7日25日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年7日24日
「心配性」と上手につきあう方法
2017年7日21日
ストレス&プチうつ解消レシピ
2017年7日19日
今日が、その日だ!
2017年7日18日
幸福のボタンをかけ直す60分レッスン
2017年7日14日
脳からストレスを消す技術
2017年7日13日
アドラー珠玉の教え 自分の人生を最高に生きる77のヒント
2017年7日12日
時間とお金をムダにしないで成功する方法
2017年7日11日
「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術
2017年7日10日
勇気がわいてくる子育て70の言葉
2017年7日6日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2017年7日5日
変な人が書いた成功法則
2017年7日4日
人生は好転できる
2017年7日3日
だからすれ違う、女心と男脳
2017年6日30日
時間上手の暮らし方
2017年6日29日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年6日28日
機長の「集中術」
2017年6日27日
いつでも、逆に考えるとうまくいく。
2017年6日26日
ありがとう 生きること そのすばらしさ
 
1 2 3 4 
 
2017年6月7日
タイトル 幸せの絆
著者 木村 藤子
出版社 主婦と生活社 (2008/06)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

青森の有名な霊能者の著者が、運命を変えるための、幸せをつかむ
ための「気づき」について語っている本です。

著者は、こう言っています。
「どうしたら、悪いカルマに打ち勝ち、幸福への道にいたることが
 できるのでしょうか?
 それには、「気づく」ことが必要です。悪いカルマが重い病気を
 もたらすウィルスのようなものだとすれば、「気づき」はそれを
 退治する「ワクチン」です。多くの「気づき」があればあるほど
 悪いカルマは退治され、どんどん消滅していきます。

 それでは、どうすれば「気づく」ことができるのでしょうか。
 「あ、こんなことをしていはいけない」
 そうやって立ち止まってしっかり考える。
 過去、現在、未来の自分の行い、そして周りの方たち、親、子供
 兄弟、友人への行い…そこに何があったのか考えるのです。
 しっかりそうすれば、何かが見えてくるはずです。
 そこに「気づき」の原点があるのです。
 そして、「気づいて直す」ことが大切なのです」


例えば、こんなことが書かれています。
 ◎運命の出会いとは…
 ◎幸せの絆を磨く
 ◎結婚にはケジメが大事
 ◎不倫=偽りの愛とは限らない
 ◎夫婦の相性、老後の相性
 ◎相性とはつくっていくもの
 ◎何を子供に伝えるか?
 ◎親、子、舅と姑。家庭という箱の中で
 ◎芯の強さを品格を身につける
 ◎スピリチュアルは万能薬ではない


霊能者というと、抵抗がある方もおられるかもしれませんが、
私はすんなりと素直に読めました。そして「気づくこと」の大切さ
をあらためて感じました。どちらかというと女性向けです。
今、人間関係で悩みがある方は、読んでみるといいと思います。

この本からのことば 感想 掲載日
運命の出会いとは、 ただそれだけで幸せになれる、 というものではないのです。 人間同士が、お互いに 「気づいて直す」… これは大事なことだなぁと日々思う。 気づくことがあっても、直さないことも多いから 2009-11-17
心とは、体の中の大切な大切な心臓部分と同じようなもの。 体が病気になったら病院にいくように、 心が曇 「心を磨く」ことが大切だとは思うけれど、 どうしていいかわからない…。 でも、それがとても大切なこと 2009-10-29



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』