width=10
ことば探し
★私は、人が困っていたら、助けてあげる力があります★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
2017年10日18日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年10日17日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2017年10日16日
光に向かって123のこころのタネ
2017年10日6日
泣きなされ笑いなされ舞いなされ
2017年10日5日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2017年10日4日
ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
2017年10日3日
もっと気楽に生きるコツ
2017年10日2日
自分を信じてゆっくり進め!
2017年9日27日
世間のウソ
2017年9日26日
脳からストレスを消す技術
2017年9日25日
伝えるための3つの習慣
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
2017年9日21日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2017年9日20日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年9日19日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2017年9日15日
ずっとやりたかったことをやりなさい
2017年9日11日
自分を変える!脳内会話
2017年9日8日
生きる不安への「答え」
2017年9日6日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年9日5日
脳が喜ぶ生き方
2017年9日4日
人生がときめく片づけの魔法
2017年9日1日
一度なら許してしまう女 一度でも許せない男
2017年8日31日
1分間思考改革術
2017年8日30日
人間関係に活かす 使うための心理学
2017年8日29日
大人の生き方 大人の死に方
2017年8日28日
考え方と生き方を変える10の法則
2017年8日25日
こころの温度計
2017年8日24日
お金とモノから解放されるイギリスの知恵
 
1 2 3 4 
 
2017年5月29日
タイトル 過去にくよくよこだわるな
著者 リチャード・カールソン
出版社 ダイヤモンド社 (2004/3/31)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

心理学者で、ストレスコンサルタントの著者が、人生の一大事に
立ち向かう方法、心の重荷をおろし胸を張って前進するための
ヒント40を教えてくれる本。

著者は、「人生の一大事」に立ち向かう方法として、以下のことを
教えてくれます。

  ●健やかな心の貯水池を造って「備えること」、
  ●「手放すこと」、「受け入れること」を学ぶこと
  ●「過剰な反応」を抑制すること
  ●日常の暮らしの中で「思いやりと親切を実践すること」
  ●ユーモアのセンスと客観性を失わないこと
  ●喜びを見つけること


例えば、こんなことが書かれています。
 ◎ほとんどのことは、一年たったらどうでもよくなる
  「これは一年後も大切なことか?」と自問してから行動する
 ◎「安定モード」と「不安定モード」を認識すれば、
  健全な心理状態を取り戻せる
 ◎「起きてしまったこと」は過去のこと。
  失敗だと思うから失敗なのだ
 ◎「あれもこれも」という気持が大混乱の原因
  荷物を手放せば、1つのことに集中できる
 ◎過去を捨てることはできないが、
  過去への執着を手放すことは簡単だ
 ◎気分が落ち込んでいる理由を分析してはいけない
  放っておけば、暴風雨と同じように去っていく
 ◎許すことで、怒りと失望が消えていく
  腹を立てる代わりに「許しの美学」を実践しよう


「事例」も身近なので、わかりやすくて読みやすく、読んだ後、
すっきりできる本です。くしゃくしゃした気分のときに読むと、
いいかもしれませんよ。じっくりと読んでみてください。

この本からのことば 感想 掲載日
《ご挨拶》  みなさま、良き年をお迎えになりましたでしょうか?  今年もどうぞよろしくお願いいたしま どうしても、変わるのはまずは、 「世の中から」「政治から」「企業から」 「他人から」「相手から」「そ 2014-01-06
昔から言われている通り、 「ただ一生懸命にやるのではなく、もっと頭を使って働く」 ということが大切な この本にこんな実例が書いてある。 「数年前、わずかな時間で雑念を取り払う方法について、  6人の子 2008-04-17
大切なのは、心が落ち着いているときが いちばん自分らしくてベストな状態だと信じることだ。 そのような 「心が落ち着いているときが  いちばん自分らしくてベストな状態」 これを忘れないようにしたい。 つ 2008-03-22
人に頼るだけでなく、時にはほかの人にとって 自分が「癒しの源」になることも考えよう。 必要なときにそ 人は誰でも、誰かを 「癒してあげる力」を持っている、 「癒しの源」になれる力が備わっていると思う。 2008-03-09
自由になるための必要条件とは、 「未知の世界が、慣れた世界より  危険が少ないことを認識する」 こと 今の慣れている世界と未知の世界を比較すれば、 今の世界は安定し、危険は少なくて、 未知の世界の方が不 2008-03-06



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』