width=10
ことば探し
★私は、笑顔がステキで、自分でも笑顔が大好きです★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年6日22日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年6日21日
ネイティブ・アメリカンのこころがよろこぶことば
2018年6日20日
潰れない生き方
2018年6日18日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2018年6日15日
こころがホッとする考え方
2018年6日14日
奥様が 笑う家には 福来たる〜
2018年6日7日
お坊さんが教えるこころが整う掃除の本
2018年6日6日
「逃げ出したい!」自分を救う本
2018年6日5日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年6日4日
幸福に死ぬための哲学
2018年6日1日
ヒルティ 老いの幸福術
2018年5日31日
うまくいっている人の考え方
2018年5日29日
迷ったときこそ、続けなさい!
2018年5日28日
小さなチームは組織を変える
2018年5日25日
時間上手の暮らし方
2018年5日24日
ほっとする禅語70
2018年5日23日
自信サプリ
2018年5日22日
がんばらない、がんばらない
2018年5日21日
人はなぜウソをつくのか?
2018年5日17日
自分を動かす言葉
2018年5日16日
その上司、大迷惑です。 困った上司とかしこく付き合う傾向と対策
2018年5日15日
できる人の人生のルール
2018年5日14日
ハッピーエンド・コンプレックス
2018年5日11日
人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる
2018年5日10日
あなたの人生で本当に大切にするべき27のこと
2018年5日8日
夫よ!あなたがいちばんストレスです
2018年5日7日
叱り方・ほめ方・教え方100の鉄則
2018年5日2日
頭のそうじ 心のそうじ
2018年5日1日
回復力~失敗からの復活
2018年4日27日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
 
1 2 3 4 
 
2017年4月18日
タイトル 人を傷つける話し方、人に喜ばれる話し方
著者 渋谷 昌三
出版社 ワック (2007/2/2)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

心理学、文学博士であり、空間行動学研究者でもある著者が、
自分の気持ちを上手に伝え、人間関係を円滑にし、豊かに
していく「話し方」のヒント、コツなどを教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「自分の話し方に問題があると思っている人は、ほとんどいない
 ものです。けれども、客観的に見ると、ほとんどの人は「話し
 方」に問題を抱えている、ただそれに気づいていないだけなの
 です。
 「なかなか人に好かれない人」「仕事が思うようにいかない人」
 「チャンスが回ってこない火と」「恋愛が長続きしない人」…
 など、その原因は、性格によるところも大きいでしょうが、
 「話し方」も大いに関与していることは間違いありません。
 「自分の話し方」と「相手への伝わり方」とは、それほどの
 落差がある…そう考えながら、自分の話し方を客観的にとら
 えてほしいものです。
 自分の気持ちが、誤解されて相手に伝わることだけは避けたい
 ものです」


例えば、こんなことが書かれています。
 1.余計なひとこと、大事なひとこと
   ・「うっかり言葉」で、人に怨まれる
 2.職場で「得する人」「損する人」の話し方
   ・建設的な話で人に好かれ、気分的な話で人に嫌われる
 3.何気ない「話し方」が自分の株をさげている
   ・「話の内容」よりも「話し方」で評価が決まる
 4.その口ぐせで「心の中」が読まれている
   ・「えー」「あのー」と話し始める人は、実はしたたか者?
 5.ここぞの場面、「とっさのひとこと」に威力あり
   ・その「ひとこと」をいうかいわないかで人間関係は変わる
 6.ここが違う「話が面白い人」「つまらない人」
   ・インパクトのある結論から切り出して、興味をそそる
 7.得する人は「心のニュアンス」を伝える
   ・人の「好きなもの」「楽しいこと」を否定してはならない


自分の話し方は、自分で見ることができないために、わからない
ところが多いものです。おそらく、話すときの癖、口ぐせもあり、
自分では、こう思って話していることが、他人には、全然違う
伝わり方をしていた、なんてこともあると思います。
そんなことに気づき、参考になるところも多いですが、さわり
部分だけという印象もあり、実行までなかなかいけないかも。

この本からのことば 感想 掲載日
心理用語に「ダブルバインド」というものがあり、 直訳すると「二重拘束」ということになります。 意味は このような「ダブルバインド」で、人は、悩み、迷い、傷つき、 つらい気持ちになることが多い、とこの本で 2010-04-07
余計な「ひとこと、うっかり言葉」で、 人に怨まれる。 その大事な「ひとこと」を、 いうかいわないか 人はおうおうにして、 言わなくてもいい「余計なひとこと」を 例えば、 「いつもそうだ」「何をしてもダ 2010-02-22




『おすすめ本の紹介』