width=10
ことば探し
★私には、物事を素早く対処する能力があり、それを役立てています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03222057

■2018年08月31日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「できる人」に意外と多い「完全主義ののろま」
完ぺきを目指すあまりに遅くなるのは、立派な「のろま」です。

こんな例があります。(略)

「あの先生はきっとすごい論文を書くに違いない。
 しかも、初めての論文が学位論文なのだから、
 素晴らしい出来に決まっている」
という周囲の期待に対して、
本人に大きなプレッシャーがかかります。

本人も当然それを自覚しているのでしょうが、それ以上に、
「自分は絶対に、そのへんの連中と違うものを
 書かなければいけない」
と思い込んで悩んでしまうのでしょう。
結局、論文に手がつけられなくなり、結果的には残念ながら
「のろま」の部類に入ってしまうのです。

この先生は私より年上ですが、今まで1本もオリジナルの
論文を書かないまま、60歳くらいになっています。
非常に優秀で、世間的にもかなり「頭がいい」人なのに、
論文がいつまでやってもできないので、医学博士にもなれず、
出世も思い通りにはなりませんでした。

結果的に「のろま」という評価をくだされて、
このまま人生が終わってしまう気配さえあるのです。
ここには「のろま」を貫いてしまう怖さがあります。
このように「できる人」がのろまになるメカニズムがあるのです。



出典元 「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 和田秀樹

まゆの感想
例の方は、高い評価を得ているとても頭のいい医師だそうです。
しかしそうであるがゆえに、
「駄論文など書いてられない、完ぺきでないと」
思い、論文を書かないままでいるそうです。
「プライドが高く、失敗を恐れ、完ぺきを目指して
 満を侍さないとやらない」
というタイプは、日本では多いそうです。
完ぺきを目指すと、そのプレッシャーでなかなかできないですよね。

しかしながら、和田さんは、このことは、
本人にとっては非常に残念なことですが、
能力的には普通の人にとっては、チャンスになるそうです。

「逆に考えれば「できる人」が「のろま」に
 なってくれるわけですから、能力的にごく普通の人であっても、
 この手の心理学的「のろま」にならずに済めば、
 「できる人」に勝てる可能性が出てきます。

 例えば「できるのろま」の人よりは、
 いい加減な論文でもたくさん書いていた人のほうが、
 はるかに早く教授になっていたりします。

 「できるのろま」よりは、能力的に劣るかもしれないけれど、
 パッパッとできるだけのことをすぐにやる人のほうが、
 かえって高い評価を受けるものなのです」

完ぺきでなくても、失敗しても、恥をかいても、
やってみるほうがいいようですね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから