width=10
ことば探し
★私は、不平不満をいつまでも言ったり、根に持ったりはしません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03116910

■2018年05月01日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

選手を引退したら野球とは関わらない。
「私は野球の世界に15年間いたのですが、
 かつての仲間がユニフォームを脱いで違う世界で働くのを見て、
 自分が遅れをとっているように感じていました。
 そこで選んだのが料理の世界です」

いっぱしの料理人になるには10年かかると言われています。
この決意を固めたとき、水尾さんは38歳。
遅すぎるルーキーです。

「48歳になったときに一人前になっていればいいと考えました。
 下積みを経験しないことにはうまくいくはずがないと思って
 いたので、時間をかけてじっくりと覚えようと覚悟を決めました」
料理人修行の最初は皿洗いでした。
料理人の世界は厳しい。
それでも水尾さんは頭をさげて修行をさせてもらうことでした。

「18,19歳の人なら「遊びたい」「この道でいいのか」
 という迷いもあるでしょうが、私にはもう
 選択肢がありません。言われたことは全部聞きました。
 「料理の世界は簡単じゃない」「プロ野球の世界とは違うんだぞ」
 そんなふうにも言われましたが、実際に経験してみて
 プロ野球のほうが肉体的にははるかにきつい。
 10時間ずっと立ちっぱなしでも辛くありませんでした。
 何時間も走り続けるほうが大変でした(笑)」

野球と料理の世界では何もかも違います。
しかし、これまで学んだことが新しい世界も役に立ったのです。



出典元 期待はずれのドラフト1位
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 元永 知宏

まゆの感想
中日の松坂投手が、昨日、日本では4241日ぶりに
勝利投手となり、完全復活を期待させる活躍をしました。
\(^O^)/ですね〜。
これからも、どんどん活躍してほしいですね。

さて、プロ野球選手は、期待されて入団しても、
ドラフト1位指名されても、活躍ができる、とは限らず、
違う道を歩むことになった選手も多いそうです。

今日、紹介した水尾嘉孝(みずおよしたか)元投手は、
1990年に鳴り物入りでドラフト1位で、
横浜大洋ホエールズに指名されました。
契約金は1億円で、当時史上最高額だったそうです。
しかし、プロ野球1年目では一軍登板なし。
その後、監督と合わずに隅に追いやられ、トレードされ、
オリックス、西武ライオンズ、アナハイムエンゼルス傘下の
ソルトレイクを経て、38歳で引退しました。
この間に、左ひじの手術を7回もし、
身体はぼろぼろだったそうです。

しかしその後、全く違う世界でリベンジします。
上記のような道に進み、そしてついに、
「トラットリアジョカトーレ」のオーナーシェフになったのです。
詳細は→「プロ野球選手→イタリアンシェフへ」
そして、こんなことを言っています。

「私が関心があるのは明日のことです。
 いままで何をやってきたかはもちろん重要ですが、
 大切なのはこれから何をするか。
 だから、話をするときには、「これからどうするか?」と
 未来形でと決めています。
 昔話は、私には必要ありません」

すごいなぁ〜!!
やっぱりすごい人なんだ〜!!と、思いました。
これ以上の言葉がでなくて…(すいません)
「近々、食べに行くぞ」と決めました(笑)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから