width=10
ことば探し
★チャンスに立ち向かうことを恐れません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03036153

■2017年12月19日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

子どもたち(2003年に長女、08年に次女が誕生)には
生まれたときから中国人ベピーシッターをつけ、
美しい北京語を話せるように教育しました。

07年にアメリカから移住先としてシンガポールを選んだも、
中国語と英語が公用語として使われており、かつ教育や
医療水準が非常に高い国だったからです。

子どもたちにはいつもお金を得るために働きなさい、
そしてお金を貯めなさい、と教えています。
生まれてすぐにブタの貯金箱を与えて、
ベッドメーキングなどの仕事をするたびにアメリカや中国などの
通過を渡して、そこに入れるように教育しています。
特にお小遣いなどは与えていません。

すでに銀行口座も持たせています。
貯金箱がいっぱいになったとき、一緒に銀行に行き、
彼女たちの高座に入金します。
利子を得たときは、口座の明細書を示しながら、
お金について教えています。

私は子どもたちに仕事を持ってもらいたい。
労働はとても大事なのです。
若い人たちには何かしらの仕事に就き、
労働について学んでもらいたいのです。
それが「難しい」とされるお金をしる
重要なステップになると思います。



出典元 世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 ジム・ロジャーズ (著)

まゆの感想
1942年生まれで、世界最強の投資家の一人であり、
ベストセラー作家でもあるジム・ロジャーズ氏は、
巨万の富を持っている方だそうですが、自らたち上げた
ファンド会社から、37歳で引退し、世界をバイクと車で
二度一周する世界旅行をし、その後、様々な仕事をしながら、
家族と過ごす時間を持ち、子育もいっしょにしているそうです。
こんなことも言っていました。

「遺産についてはどうするか、まだ正直なところよくわかりません。
 いくらかは家族に残すつもりですが、あまり多くを残すのは
 よくないと思っています。

 少なくても40歳になるまで、二人の子どもたちには
 遺産を手にすることができないようにするつもりでいます。
 彼女たち自身の足で人生を歩んでもらいたいからです」

さらに、氏自身は、華美な暮らしにまったく興味がなく、
発刊当時は、娘たちを自転車で送り迎えをしていたそうです。
娘たちのためにたくさんお金を使うことは控え、
もちろん、ボートや飛行機も所有してないそうです(笑)

この本には、上記のような話や氏の人生哲学、
お金の扱い方、考え方などが書かれています。
そして今後は農業が大事で、自給自足を考えていくことが
大事だともいっていました。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから