width=10
ことば探し
★私は、経済的な豊かさを楽しんでいます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02741192

■2017年06月02日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

『戦場にかける橋』1954年
ピエール・ブール
(代表作/猿の惑星、戦場にかける橋など)

《出版社からの返答》
じつにお粗末!


『大地』1931年
パール・バック
(大地はピュリツァー賞受賞)

《出版社からの返答》
まことに残念ですが、アメリカの読者は、
中国のことなど一切興味がありません。



『チャタレイ夫人の恋人』1928年
D・H・ロレンス
(代表作/息子と恋人、チャタレイ夫人の恋人など)

《出版社からの返答》
ご自分のためにも、これを発表するのはおやめなさい。


出典元 まことに残念ですが…―不朽の名作への「不採用通知」160選
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 アンドレ バーナード

まゆの感想
この本は、さまざまな出版社から出された、
「文豪たちへの断りの手紙」を集めた本です。

例えば、上記の文豪の他、
のちのちノーベル文学賞を受賞したサミュエル・ベケットは、
作品を持ち込んで、
「こんな代物は、船竿の先で触れるのもごめんだ」と非難され、
「アメリカの悲劇」で道徳問題に切り込んだセオドア・ドライサーは、
「不道徳、かつ拙劣」とけなされ、
インディアンの警官が活躍する推理小説で人気を博した
トニイ・ヒラーマンは、
「そのインディアンに関したところを全面的に削りなさい」
とまでいわれたそうです。

また、名探偵ポアロなどで有名なアガサクリスティは、
「たいへん興味深く、いくつかよい点もございますが、
 いまひとつ弊社の傾向にそっているとは申せません」
と断られ、シャーロック・ホームズで有名な、
アーサー・コナンドイルも、
「連載するには短かすぎ、読み切りとしては長すぎる」
と、体よく断られたそうです。
この本には載っていませんが、ハリー・ポッターで有名な
J・K・ローリングも、出版を何度か断られたことがあるそうです。
最初からOK!などという返事はほとんどないそうです。

もちろん断る出版社側の言い分もあるわけですが、
それをくつがえすだけの、
何度断られてもくじけず売り込みを続ける強靱な精神力が
なにより必要だということです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 7pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから