width=10
ことば探し
★私は、学ぶことが大好きです★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03038197

■2006年09月22日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
松井はこう語っている。

「ぼくは大リーグの投手に対して、日本でやってきたことと
 同じような感覚でアプローチしていません。だから、
 ファンの方には調子悪いように見えるかもしれません。
 ただ、この変化がぼくがこっちの投手に対するための
 変化であって、今さまざまなことを駆使しながら
 対応しているところです。対応しきれてないのは、
 ぼくの調子が悪いのではなくて、こちらの投手の
 質が高いということなんです」

 (語る大リーグ一年目の真実 朝日新聞社)

プライドを捨てる。
一度頂点を極めた人間がこれを実行するのは非常に難しい。(略)
失敗したり恥をかくことは、むしろ成長に結びつくことを、
松井はメジャー1年目で学んだ。

出典元 イチローにみる「勝者の発想」
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 児玉 光雄

まゆの感想
ニューヨークヤンキースの地区優勝が決まって、
嬉しかったので、(まだ先もありますが)
今日は松井選手のことばの紹介です。

この本の中にこんな事が書いてあります。

ヤンキースで松井選手の求められている役割は、
ホームランバッターとしての松井選手ではなく、
中距離打者としての松井選手だったそうである。
そのことを、日本のホームランバッターだった
松井選手は受け入れた…プライドを捨てて。
日本での活躍や、立場を全ていったん捨てて、
一からやっていこうという気持ちがあったと言う。


大きな成績を残して、それを評価され、
自分の立場や地位が出来上がると、その立場を
守りたくなるものだし、それを主張したくなるが…
そんな立場や地位に汲々として、
守ろう、守ろうとすることは、実は、
とっても小さなことなんだなと感じさせてくれる、
松井選手の話だと感じた。

どんなに立場や地位があっても、
それが、主婦であっても、専門家であっても、
時として、基本に戻って一からやってみることも、
自分がさらに大きくなったり、何かをみつけるために、
必要なことではないか…と思った。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから