width=10
ことば探し
★私は、クライアント(仕事先)から、いつも感謝されています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02481034

■本の検索■


出典名: こまった男を愛したとき
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 愛・夫婦・結婚
副題: なぜ、あんなヤツを好きになるのか 
著者: ナンシー グッド  
訳者: 藤野 邦夫 
出版社: 風媒社 
 
本の内容: 著者はアメリカの精神療法医。
相談しに来た女性達の多くが「こまった男達」愛し、
振り回されながら、欲求不満に陥り、失望させられ、
怒らせ、悲しい思いをしていることから、書かれた本。
しかし、世の中には「こまった男」しかおらず、
そうであるならば、
その男とうまくやっていく方法を学びましょうと、
いろいろな男についての分析と
女性のとるといい態度などを教えてくれます。


例えば、
「束縛をこわがる、困った男」では、こんなことを言っています。
男が深い関係を怖れる理由は、
●相手のために自分の生活を、
 コントロールできないくなりそうなこと
●ふたりの関係が重荷になりそうなこと、など。

なぜ、そう思うのか…この裏には、無意識のうちに、
「自分は資格がないと思い込んでいる」という気持ちがあるという。

などなど、いろいろな事例で教えてくれます。

さて、そんな「こまった男」愛してしまったら…
「勇気と信頼感」
を持って接することだと
著者は言っています。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
わたしたちがもつ感情には、いいも悪いもなく、 悪いのは自分と他人を傷つける 悪い(破壊的な)行動だけ 確かに感情は、 自分で制御できないことがあるし、 自分の感情に腹立たしくなることもあるし、 もてあま 2005-02-04

この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』