width=10
ことば探し
★私の前の道は開けています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02857162

■本の検索■


出典名: アドラー珠玉の教え 自分の人生を最高に生きる77のヒント
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 人生・生き方
副題: 自分の人生を最高に生きるアドラーの教え 
著者: 永江 誠司 
訳者:  
出版社: 講談社 (2016/4/21) 
 
本の内容: 世界的に有名な心理学者アルフレッド・アドラーの考え方の
7つのキーワードを元に、人間関係の悩みを解決し、生き生きと
生きるための77の方法を教えてくる本。

7つの考え方とは、
 ◎劣等感…不完全な自分を受け入れる
 ◎目的論…はじめに目的ありき
 ◎自己決定権…自分の人生は自分が決める
 ◎共同体感覚…人のために何ができるか
 ◎ライフスタイル…自分らしい生き方を
 ◎ライフタスク…愛は最も困難な課題である
 ◎勇気づけ…横の関係で人は育つ


例えば、こんなことが書かれています。
 ・劣等感はチャンスの素
 ・目標が決まれば行動も定まる
 ・幸福は心のありようで決まる
 ・人生の意味が貢献にある理由
 ・行動に首尾一貫性を与えるもの
 ・避けて通れない人生の課題とは
 ・正しいパートナーを選ぶ6つの要素
 ・喜びと感謝を伝える援助法
 ・勇気を形成する3つの力


アドラーの考え方は、人を元気にする心理学として、会社経営
コーチングなどでも多く取り上げられています。
それが、「ああ、こういうことから取り上げられているのか」
と、わかります。
じっくりと読んでみることをおすすめします。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
自分の人生は自分が作っているのであって、 この人生の主人公は自分自身であることを知ったとき、 人は アップル社の共同設立者のスティーブ・ジョブズ氏も かつてこう言っていたそうです。 「物事をシンプル 2017-05-18
たとえ劣等感の原因を明らかにできたとしても、 そこからは生きる勇気は生まれてこない。 過去の出来事 劣等感は、誰でも持っているもので、 完全な自分などというものは、頭の中に存在していても、 現実には存 2017-05-17

この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』