width=10
ことば探し
★私は、その仕事で何が大切かちゃんと見極めています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02823376

■本の検索■


出典名: 自分に水をやる
おすすめ度: ★★★★★ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 人生・生き方
副題: 心が乾いてしまう前に読む、はぐくみの言葉 
著者: 五島 瑳智子 
訳者:  
出版社: 講談社 (2014/10/31) 
 
本の内容: 詳細、お待ちくださいませ <(_ _)>

《本からの紹介》
■「何をしたいのかを常にはっきりさせておかねばなりません。そうしないと周りから何をしているのか?と言われてしまいます」
■「その時その時で自分が何をファーストチョイスするかを自分に聞いてごらんなさい」
■「燃えるものは常に自分で補給すればいいのです」
■「子育てでも何でも自分ひとりでやろうとしなくても良いのです。その時やれるひとがやればいい」

…など、87歳にして現役女医であり、自らも子育てしながら仕事に邁進してきた著者の「力強く」「凛」としていて「心に響く」言葉を、迷いながら仕事をしたり、不安な気持ちで子供を育てている女性たちに向け語ったエッセイ。厳しいながらも心にしみ込んで、やがて「生きるよりどころとなるような言葉」に満ちた一冊です。  

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
生活に疲れて、どうにも心が乾いてしまうことがあります。 乾ききった心は不機嫌で、家族が優しい言葉を 働き過ぎて、心も体もぼろぼろ… 笑顔が消えて、いつもイライラ、ついつい周囲に当たりちらす… 自分が惨 2017-06-16
自分なりの「富」を見つけられる あるがままの豊かな心を養いたい。 他人の声や世間の基準を持ち込ま 五島さんは、こんな話をしています。 「白亜の豪邸に住んでいても、貧しい人はたくさんいますし、  逆 2017-02-14
きらめくような目覚めのときは 怠情や逃避の上には訪れない。 努力しても成果が目に見えないと思うと 重度心身障害児、者の施設、鶴風会・東京小児療育病院に 設立当時から関わっている女性医師先駆けの五島さ 2017-02-13

この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』