width=10
ことば探し
★私の言うことは、説得力があり、他の人を納得させることができます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02782591

■本の検索■


出典名: 男が知りたい女の脳、女が知りたい男の脳
おすすめ度: ★★★★★ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 男女・恋愛
副題: 異性の「頭の中」をのぞいてみよう 
著者: アレン・ブラグドン 
訳者: 五十嵐 哲  
出版社: PHP研究所 (2005/4/21)  
 
本の内容: 最新の神経科学の研究結果をもとに、知能開発ツールを提供して
いるブレインセンターの創設者が、最新の脳科学、遺伝子情報結果
をもとに、男女の違いをわかりやすく面白く、教えてくれる本。

この本には、こんなことが書かれています。
「男と女の「感情」のはたらきでは、意外にも、生理学的には
 男のほうが女より感情的なことがわかっている。だが、
 感情を言葉で表したり、いつまでもいやな出来事を覚えている
 のは女のほうだ。(略)
 さらに、男たちの「スリル追求」と女たちの「協調性」を
 検討しよう。男が刺激を追及したがるのは性ホルモンのせいだ、
 という説もある。
 色や音、匂いなどについて、女性のほうが男性に比べてすぐれた
 感覚を持っているのはなぜか、という問題も扱っている。
 また、ユーモアセンスの違い、ストレスが脳に及ぼす作用、
 気分の落ち込みや不安についても書かれている」

そして、この本を読んで、少しでも異性の「脳」について知り、
霧が晴れたような思いをもたれることを望んでいるそうです。

具体的には、こんなことが書かれています。
1.エッチな脳が男女の性行動をあやつる
2.男と女の知的能力はこんなに違う!
3.ワーキングメモリと「左利き」の話
4.なぜ、女性は感情表現が豊かなのか
5.攻撃的な男たちと平和的な女たち
6.五感の男女差とユーモアセンス
7.性的能力とストレスホルモン
8.心の脳の病を引き起こす犯人たち


研究結果データから書かれているので、かなり説得力もあるし、
研究そのものが興味深く、面白く読めます。むずかしい本では
ありませんが、やや専門的。
知覚の精度、「両性具有度」、どのくらい刺激追求型か、
ユーモアセンス度などのチェック表がついていて、自分のことを
知ることもできます。
じっくりと読んでみることおすすめします。 


この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』