width=10
ことば探し
★私は、落ち着きがあり、堂々としており、いつも一目おかれます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02529262

■本の検索■


出典名: 心で感じる女 腹で感じる男
おすすめ度: ★★★★★ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 男女・恋愛
副題: 男には男の感情表現がある! 
著者: デイヴィッド クンツ  
訳者: 伊藤 和子 
出版社: 阪急コミュニケーションズ 
 
本の内容: 心理学、神学の専門家が、男性のために「感情とどう向き合うのか、
また、つきあい方、出し方、感じ方」を教えてくれる本。

著者は、世の男性に、こう言っています。
「あなたは人生で成功するために必要な情報の半分を手にして
 いない。これは年齢を問わず多くの男たちに共通して言える
 ことだ。手にしているのは能力はもっぱら乾いた思考面である。
 事実や数字、物事の手順を扱う面だ。我々は概して、この種の
 情報を扱うのはうまい。非常にうまい。

 それに反して、我々に欠けているのは感情の側だ。
 我々の身に起こるあらゆる出来事は何らかの感情を引き起こす
 はずだが、それを理解する能力がすっぽり抜け落ちている。
 我々の一部、とても重要な一部が麻痺したままなのだ。(略)

 この本は、自分自身の感情にどう対処すべきかについて理解
 してもらうための手引き書である。」


この本を読むと、男性がいかに、感情を表に出すのを恐れているか、
また、自分の感情とのつきあい方が下手か、そしてなにより、
自分の感情を押し殺しているのかが、よくわかります。

男性がもし自分の感情と向き合う準備ができたら、
「感情にうまく対処するための3つのステップ」
その1 感情に気づく
その2 感情に名前をつける
その3 感情を表現する

に取り組んでみるといいかもしれません。

男性向けに書かれた本ですが、
男性をよく知りたい、どうして男性は感情を出さないの?と
疑問を持っている女性にもおすすめの本です。
男女の感情に対する違いがよくわかりますよ。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
自分の人生で起きたこと、 それに対する自分の感情。 人に話すのは、 自分が背負っている荷物を少し 人に話しても 「何にも解決にならない」 「どうにもなるものではない」 と一人で悩んでいる人は多い。 2006-05-16

この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』